スポンサードリンク
スポンサードリンク

教室への集客

スマホサイト・ブログ・メルマガって必要ですか?(3)

スポンサードリンク

保護者から選ばれる塾長になれ


さて、前回の続きです。

白ひげが知っている限り、ホームページ制作の指導などをしていると


やはり、自分の良さや自分の思いを文章にまとめるのが苦手で


パソコン作業が不得意な先生が多いように見受けられます。






となると、苦手なことをやるよりも、


自分が得意なこと・自分でしかできないことを



やってもらったほうが効率がいいんですね。






例えば、塾内ポップを作り変える。




例えば、保護者や生徒の声をもらうお願いをしてみる。




例えば、保護者や生徒との会話を見直してコミュニケーション力を磨く




例えば、保護者や生徒に気遣いのハガキ、手紙を書いてみる






こういった自分しかできないことを


やったほうが遥かに効率がいい場合が多いのです。






新規を獲得するのも、流出を減らすのも


全く同じ効果です。






どちらかというと、流出を減らす、


休眠生徒を復活させるほうが価値が高いのです。






優先順位やモチベーションを考えると


こっちのほうが価値が高いのです。






塾長先生や講師スタッフは自分にしかできないこと、得意なことをやる


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






一番いけないのは




これをやればうまくいく




これもやったらさらにうまくいく




と最新のノウハウや流行に流されてしまうことです。








フェイスブックが流行ったらフェイスブック




ツイッターならツイッター




アメブロがすごいと聞けばアメブロを始める






どれも中途半端になっていませんか?






どのツールもきっちり結果を出すまでは時間と労力が


かかってしまうのです。






塾長先生や講師スタッフさんの本業は授業です。






授業のクオリティと授業研究の時間を保ちつつもこういった


いろいろなツールを使いこなすのは非常に厳しいと考えます。






外注できることは外注する。




自分が得意なことに専念する。




< p class="MsoNormal">


これが限られた経営資源「ヒト・モノ・カネ」を


最大限に活かしていく鉄則なのです。






実際に生徒を集めている塾さんほど


他人に頼めることは他人に頼み、


自分の仕事に集中しています。






だから、よりうまくいっているのです。






でも、お金がなくて集客にコストをかけられない、


しかし時間が有り余っているならやったほうがいいです(笑)






塾内環境やフォローアップなどをやりつくしているならば


こういった補助的な労力に手を付けてもOKです。






自分が今何をすべきなのか、何に取り組む事が


優先順位が高いのかを考えてみてください。

スポンサードリンク

こちらの記事もおすすめ
no image 教室への集客

教室だよりで、保護者の方とコミュニケーションを!(1)

2014年4月8日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
学習塾というお仕事は、地域密着型の店舗ビジネスです。(自宅の場合も同じで、塾生が来てくれないことには始まらない)このため、おおよそ学習塾を中 …
no image 教室への集客

【学習塾集客】新規集客における2つの前提条件(3)

2013年7月31日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
●新規集客における2つの前提知識とは?前回は新規体験授業生を獲得するため(保護者・生徒に来てもらうため)には、やるべきことを2つに分けて考え …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ