スポンサードリンク
スポンサードリンク

教室への集客

学習塾 集客できるホームページの作り方(3)

スポンサードリンク

保護者から選ばれる塾長になれ


---------------------------------------------------

集客できるホームページの13法則

---------------------------------------------------



1、自分の未来が想像できる声



→これは主にお客様・保護者や生徒さんの声や、
 過去の合格体験記などです。


「ここに来て良かったー」

「こんなに成績が上がったわ!」

「この先生に感謝」


などといった

保護者や生徒さん、お客さんの声はホームページ制作においても

凄く重要です。


というのも、教材研究や授業スキル、

あるいは合格実績を塾側がいくら売り込んで


「うちはココがすごい、こんなにスゴイ」といっても


生徒・保護者の心には届きにくいのです。


顧客というのは同じ立場の人の声を一番信用するのです。


自分と同じような子育ての、

それも成績の悩みを持つ人の子どもさんの成績が上がった

あるいは悩みが解決した、

同じような年齢層、同じような成績帯の人が薦めているとなると

信頼しやすいのです。


あとは、数です。

1つ2つよりもたくさんあった方がいいです。


基本的にはあればあるだけいいです。


たくさんある場合は、

成績帯ごとや、合格校ごと、出身の中学や高校などで分けて

ホームページを見ている人が自分で興味が持てる声を

探しやすくしてあげる工夫が必要です。


私がホームページを作る場合もなるべくこの声を

入れてもらいます。


おもしろい事に、


「保護者や生徒さんから声なんてもらえない…」と

嘆いている先生もいれば

「頼めばもらえます!」



といって何十個と集めてくる先生もいます。


これは保護者や生徒さんとの信頼関係だったり、

その先生の思い込みが

大きいようです。



ちょっと工夫すればいくらでも声はもらえますので

是非がんばってもらってみて下さい。


できれば顔写真付きでもらったほうがいいです。

さらに余裕がある場合は、動画を撮影すればさらに強力ですよね。

テレビショッピングをホームページの中に入れる感覚です。

つづく

今日のまとめ
顧客というのは同じ立場の人の声を一番信用する
だから、証拠となる声を集める。それもたくさんあればあるほどよい。

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ツールバーへスキップ