スポンサードリンク
スポンサードリンク

教室への集客

学習塾 集客できるホームページの作り方(4)

スポンサードリンク

保護者から選ばれる塾長になれ


---------------------------------------------------

集客できるホームページの13法則

---------------------------------------------------

2、スタッフの顔が見えるホームページ




顔といってもお客さん、保護者や生徒さんの顔ではありません。

実際に生徒さんを担当するスタッフの顔です。




塾長さん・スタッフさんのプロフィールの事です。




もし、自分がホームページで子どもの塾を探すとなった場合を

想像してみて下さい。




その塾の先生とは、あたりまえですが初対面なのです。




ホームページに写真もプロフィールもない状態で、

塾に足を運んでみて、初めてその先生に会うのに

緊張や不安がありませんか。




人間、誰しも見知らぬ人に

いきなり自分の子どもの成績のことを触れられるのは、

例え塾の先生であったとしてもあまり好きではありません。




それよりも、ホームページにプロフィールがしっかり書いてあって、

写真も1枚だけではなく、いろんな角度からあったらどうですか?




真顔、笑顔、全身、教務中の写真などなど…




そうすることで、ホームページを見ている側は、

実際に会う前からその先生やスタッフの顔を知ることができます。




また、良くできているホームページというのは、

プロフィールに個人的なこともしっかり書かれています。





塾講師を志したきっかけ


それまでの経歴、苦悩


どこの学校を卒業したのか、そのときのエピソード


出身地


趣味、特技 得意な物まね 好きな歌手


家族、ペット、自宅


普段着 レジャー姿




などなど自分をどんどん公開していくのです。

もちろん塾長や塾講師という「軸」を持った上での情報公開ですよ。






顔写真もない、プロフィールもない先生



顔写真も全身写真も、教材研究や授業スキル風景も、笑顔も

趣味も、出身も公開している先生





あなたならそのホームページを見てどっちが好きになりますか?

どっちの塾にいきたくなりますか?





スタッフもそうですね。

なるべくプロフィールをオープンにするとよいです。





異業種ですがこのスタッフ紹介はいいです。

以前も紹介したかもしれませんが…


http://www.venture-support.biz/profile/staff.html


ここは画像をうまく使っています。






もし、ここで画像がなかったとしたら

大きく印象が変わりませんか?

つづく

今日のまとめ
スタッフの顔写真や経歴、個人情報はどんどん載せてしまう。
パーソナルであればあるほどいい

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ