スポンサードリンク
スポンサードリンク

教室への集客

学習塾 集客できるホームページの作り方(9)

スポンサードリンク






----------------------------------------------

集客できるホームページの13の法則

----------------------------------------------

7、無駄にデザインにこだわりすぎないホームページ。

これは無駄にホームページにお金をかけて

デザイン重視の業者に頼んでしまうとよく起きる現象です。

確かに、キレイでクオリティは高い、

でも、ユーザビリティが最悪といのはよくあります。

例えば、最近たまたま見つけたこのページ、

http://a-arms.jp/

東京都の吉祥寺という有名な町に

あるリラクゼーションサロンだと思います。

たしかに、デザインがしっかりされていてクオリティが高い。

開いた週間に音楽が流れて、女性うけがよさそう。

ボタンにマウスを合わせると、大きさが変わったり、

回転したり、スタイリッシュに作ってあります。

相当制作費がかかる、高級なサイトだと思います。

でも、パっと開いたときあなたはどう思いましたか?

若い女性であれば、興味を引かれるかもしれませんが、

一般的な反応が高いホームページ理論からいうと

あまり良いとはいえません。

まず、開いた瞬間、ナビゲーションが出るまで時間がかかる。

フラッシュが重いので表示に時間がかかってしまいます。

インターネットは開いて3秒で勝負が決まります。

そこで、保護者に最初の情報を提供するまで時間をかけては

立ち去ってしまいます。

この小さい四角から飛び出してくるのは、オシャレですが、

ユーザービリティからみるとマイナスです。

そして、すべてこの四角が開いたとしても、

イマイチどんなサイトなのかわかりにくいのです。

開いた、そのナビゲーションがなぜか「enter」「html」の二つ。

なんだこれ?と多くの人は思ってしまいます。

htmlというのはホームページを書くときの一つの言語なんですね。

普通は知りません。

htmlという言葉は絶対に使ってはいけませんが、

英語の「enter」というのもまずいのです。

わからない人にはわかりません。

むやみに英語を使うのは避けた方が無難でしょう。

私がみたときには、これは英語のサイトなのかと思うほど、

日本語が見当たりませんでした。

「Mathematics」「Science」「Social studies」と書いてすぐに

「数学」「理科」「社会」と理解出来ますか?

ちょっと年配の方であれば「???」の状態でしょう。

また、総合的なメニューナビゲーションが出るまでに

なぜこの「enter」が必要なのでしょうか。

最初から開いてもらえるようにしておかないと「欲しい情報がない」と思って

「enter」を押す前に立ち去ってしまう人が相当数います。

そう思いませんか?

また、総合的なメニューナビゲーションもすべて英語です。

英語が理解出来ない白ひげいってつはどれを押していいのか、

どこに自分の欲しい情報があるのかわかりません。

文字も小さくて、目が悪い人はたぶん読めません。

さらに痛いのが、こういったフラッシュがメインで作られたサイトは

SEO対策に弱いのです。

検索エンジンで上位表示対策がやりにくいのです。

ただ、英語がわかり、綺麗なホームページが

好みの特定層に働きかけるにはよいかもしれません。

普通の塾や個別指導塾、家庭教師のサイトがコレだと

大衆受けはしませんし、かなり使いにくいです。

その上、保護者の情報収集にストレスを与えてしまいます。

こだわりすぎは、マイナスに働くこともありますので

注意してください。

つづく

今日のまとめ
ホームページでは『むやみに英語を使わない』保護者が知りたいページにすぐにたどり着けることに価値があります!
そして何より、見栄えのいいかっこいいホームページよりも
保護者の情報収集にストレスを与えないことが大事



追伸

実は今日から3日間名古屋に来ています。
一般の起業家のために集客セミナーを行うためです。

興味のある方
残念ながら、今回は3月の初めの段階で満席になってしまいました。
従ってお誘いできませんが、白ひげはこんなこともやっているんだと知っておいてくださいね。

スポンサードリンク

こちらの記事もおすすめ
no image 教室への集客

学習塾経営のポイントPart2 90%以上が勘違いしている!(1)

2013年7月13日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
前回、とっても美味しいパスタ屋さんが閉店になってしまったお話をしました。では、この店主は努力をしていなかったのか?というと、努力を怠っていた …
no image 教室への集客

安心感を生み出す「明瞭会計」と保護者生徒の声

2014年7月1日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
新規体験授業参加者の不安を払拭させるものは、サービス提供者の「笑顔の写真」だけではなく「料金の明確化」や「お客さまの声」もあります。インターネット上で調べることができる悩みサイトの …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ