スポンサードリンク
スポンサードリンク

教室への集客

学習塾 集客できるホームページの作り方(10)

スポンサードリンク






----------------------------------------------

集客できるホームページの13の法則

----------------------------------------------

8、使用する写真がキレイ過ぎる。




これも、業者に任せっきりのホームページに

起こりがちです。




自分の教室内の写真はあまり使わずに、市販で販売されている

キレイ過ぎる画像を多用すると反応が落ちます。




というのは、保護者が欲しい情報というのは

その塾に通う塾生の生の情報であって加工された綺麗な情報では

ありません。




例えば

http://www.photolibrary.jp/




このサイトで販売されているようなキレイな写真ばかりだと

無意識になにかクールな、素っ気ない印象を受けてしまいます。




キレイすぎるのです。




確かにエステなどの業種の場合は、写真が与える印象は

とても大切で写真1枚1枚にこだわらなければいけません。




しかし、やはり大事なのは自分の塾の情報をストレートに

見せることなのです。




もちろん、汚い画像を使えと言うことではありません。

自分で撮影するにも、なるべくこだわってキレイに

撮影したほうがいいです。




受験勉強の流れや入塾までの流れなどの写真を撮るときも、

中年のおっさんを使うよりは、若いスタイルのよい女性を

モデルに使った方がやはり見ている方も印象がよいのです。




塾のホームページで使う画像は、極力自分で撮影し、

生の情報をうまく見せられるようにしたほうがよいです。




ここで手を抜いて、市販の写真素材を使いすぎると

体温が伝わらないホームページになってしまいます。




塾のホームページの基本は「体温が伝わるホームページ」です。




自分で写真を撮るのがどうしても大変なら、

お金を出してプロのカメラマンに来てもらってもよいですね。




リクルートのホットペッパーなどにお願いすると

カメラマンが来てキレイに写真を撮ってくれます。




そこまでしなくてもよいですが、

自分のデジカメで取る場合も照明やアングルを考慮して、

保護者が見たらどのような印象を受けるだろうか、

という視点で写真をとってください。

つづく

今日のまとめ
塾のホームページでは『画像は極力自分で撮影する』
生の生徒の様子をうまく見せることに
価値がある!



スポンサードリンク

こちらの記事もおすすめ
雰囲気イケメンさんによる写真ACからの写真 教室への集客

保護者を"正しく"脅せば脅すほど繁盛します

2020年7月6日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
3秒で保護者の心を掴み取れ 選ばれる塾長創出プロデュサーヨシダヒロアキです。 本日は『保護者を脅せば脅すほど繁盛します?』 というテーマでお伝えします。 ・・・ 保護 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ