スポンサードリンク
スポンサードリンク

幸組思考

理想の保護者(生徒)像は明確ですか?

スポンサードリンク





【顧客像は明確か?】

塾長が理想の顧客像を明確に意識すればするほど、

見合った顧客がやってきます。


逆に顧客像が曖昧で、どんな人でも良いから

顧客が欲しいなんて考えてしまうと、

大抵は最も来て欲しくない顧客がやってきます。


では、どんな顧客像を作れば良いのか?

基本原則は「自分」。

自分を顧客像にするのが最もやりやすいと思います。

人は似たものを好きになる傾向があります。

似たもの同士は集まるという特性を持っているのです。

そして、

営業活動も自分と似たタイプには無理せず営業出来ます。

営業に大切な、

共感、納得、説得を促すのが非常に楽になるのと同時に、

似たもの同士の周りには似たものが集まっているので、

そこからクチコミも生まれやすくなります。

似たものを引き寄せるためには、

自分がどんな人なのかをもう一度棚卸しし、

明確に意志表示することです。

※あなたの顧客像は明確ですか?

スポンサードリンク

こちらの記事もおすすめ
no image 幸組思考

選ばれる塾長になるための大切な〇歩!!

2013年6月28日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
塾長さん、塾長候補のあなたこんにちは!以前の記事選ばれる塾長の条件。ご覧になっていただけましたか?さて・・・塾長であろうが、起業家であろうが、どの世界であっても、志を持ち、これをや …
no image 幸組思考

選ばれる塾長の究極の形 キン肉マンと言えば?

2014年1月26日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
マンガネタで恐縮ですが、思い返せば返すほど、どんどん価値が見つかってしまう。考えてみればマンガもお客様に選ばれなければならないですよね?だから、価値をキャラクターに持たせないとお客 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ