スポンサードリンク
スポンサードリンク

教室への集客

時間軸で考えてみる

スポンサードリンク





さて、このブログもスタートしてから

2か月がたとうとしています。

今までは、私自身のことを知っていただくための記事や

マインドの部分の記事が多かったのですが


そろそろ、具体的な集客、

生徒集めのことも記していこうか思っています。



さてさて、


生徒がなかなか集まらない塾長さんや
先生方とお話をしていると、
やることが多すぎて、何から始めていいのか分からない


という方がいらっしゃいます。




中には「生徒をを獲得すること」と、
「自分の指導技術上げること」


だけに意識がいきすぎて、
他のことを全くしていない先生もいらっしゃいます。




「経営」を考える場合、お客さん(対外的なもの)と、

社内や教室(対内的なもの)と分けることができます。



主なものとして・・・



・対外的なものは「集客」「指導技術」「保護者対応(接客)」

・対内的なものは「管理」「スタッフの教育」です。



※実際はもっとありますが、ここでは

 分かりやすく少なくしてあります。



==================================


生徒・保護者視点で考えるなら「経営」を

 3つのステージで考えてみる!


==================================



さて、スクールビジネスのお客さんていったい誰でしょう?


生徒?保護者????


意見が大きく分かれるところだと思いますが
私はお金を払う人がお客さんだと思っています。


つまり、学習塾のビジネスをしているのであれば
保護者の方がお客さんな訳です。


ということは、顧客満足といったら
イコール保護者の満足ということになります。

保護者の方が何を望んでいるのかを
考えなければいけないわけです。

スクールビジネスというのは
お金を払う人とサービスを受ける人が異なる極めて特殊な
ビジネスモデルなんですね。


ここを認識しておかなければなりません。



お客さんに対することを考える場合,
来塾前・来塾中・来塾後と3つの「時間軸」で考えると
やることが見えてきます。




まず、授業を受けてくれる人がいなければ
「サービス」や「指導技術」を提供して、


「お金」を受け取ることができませんので
「集客」をしなければ始まりません。



地域密着型で行うなら
折り込みチラシ」や「ポスティング」
「ダイレクトメール」「雑誌広告」
などの[紙媒体]のもので集客します。



もちろん、インターネットで集客をするなら、

「ホームページ」「ブログ」「メルマガ」「SNS」などを使うことになります。



※但し、お客さんの属性を考えなければ

「集客」には繋がりませんのであしからず。。。




そして来塾してもらったり、体験授業の参加申込みがあれば、

次にお客さんに満足してもらうために、

「指導技術」を向上させたり、気持ちのいい「接客」をしたりします。




つまり「顧客満足度」を上げることです。

この場合は、自分の子ども活き活きし始めたとか
成績が上がったとか
検定試験に合格したとか、
志望校に合格したとかですね。




指導技術を上げるためには、

セミナーや勉強会、スクール、で学ぶことになります。

これは民間の教育者であれば、終わりなき勉強と
いえるでしょう!



また「接客」を学ぶなら

「話し方教室」「マナー教室」などで、身につけることが
できます。



その後、提供する授業が終わると生徒が帰ります。



生徒さんが帰ると、
やることがないと考えられるかもしれませんが、実はあります。



初めて授業参加してくれた生徒の保護者の方に
「手書きの礼状」を書いたり、

教室の出来事を書いた「ニュースレター」を送ったりして、

生徒・保護者のフォローをします。




※「年賀状」や「暑中お見舞い」なども忘れないように。



もし、あなたが塾生の数が少なくて困っているのなら

「新規集客」に目を向けなければいけません。



生徒さんがリピーターとして入塾してくれない
というのであれば、

「指導技術」や「接客」に力を入れるだけではなく

「保護者フォロー」にも、力を入れなければなりません。



まずは自分がたくさんすべきことのある中で、

何をしなければいけないのかを「ステージ」で
考えてみて下さい。



やることが多くても、

ひとつひとつ明確にして、

優先順位をつけて取り組むようになると、

必然的に塾生は増えるようになります。



ちょっと意識してみて下さいね!

<お問い合わせは以下をクリック>

スクールビジネス集客勉強会【The 幸組】
ご興味のある方は
The 幸組 お問い合わせフォーム

より、お問い合せ下さいね。

フェイスブックの友人申請歓迎です。
白ひげいってつ


お気軽に申請してくださいね。




< 今日のまとめ >
経営の為の集客は3つの時間軸とステージで優先順位を考えてみる

白ひげいってつ

スポンサードリンク

こちらの記事もおすすめ
no image 教室への集客

手紙のメリットその3 手書きの手紙は温かさがあるため捨てられない

2014年4月19日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
ワープロやパソコン機器の発展に伴い、手書きの手紙は極端に少なくなってしまいました。年賀状や暑中見舞いですら、そうなのですから、保護者の方に送 …
no image 教室への集客

1通目の手紙でやってはいけないこと

2014年4月20日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
これまで、保護者の方や生徒さんに送る手紙についてお話をさせていただきました。3つのメリットについては以前アップした下記の記事を参考にして下さい。================== …
no image 教室への集客

塾長、あなたはキャベツの千切りを作れますか?

2013年9月13日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
幸組塾長創出プロデューサー 白ひげいってつです夏期講習終了後の長い夏休みも終わり今日から本格的に仕事に復帰しました。私のお休みは8月16日から9月8日まででした。もちろんその間、教 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ