スポンサードリンク
スポンサードリンク

幸組思考

価値を作るために一番初めにすること

スポンサードリンク

集客困っている塾長を
選ばれる塾長にする専門家

幸組塾長創出プロヂューサー 白ひげいってつです!

お客様が無意識的ににあなたの授業やサービスを

判断するために。

いつも心の中で考えていること・・・

「で、塾長さん、あなた、うちの子どもになにしてくれんの?」

これを3秒で打ち破るために必要なのが、価値!!


絶対的な必殺技となる価値を作るにも

手順があります!

一番最初の基礎となるのが、

「たった1人の理想となるお客様を決めること」


個別コンサルティングの時に

クライアントさんにしている質問を

書いてしまいますので、ペンのご用意を!


「たった1人の理想のお客様を見つけるための質問」(抜粋)

あなたのお客様は何歳ですか?

あなたのお客様は男性ですか?

あなたのお客様は独身ですか?

あなたのお客様はどんな仕事をしていますか?

あなたのお客様の職種はなんですか?

あなたのお客様は休日にどんな事をしていますか?

あなたのお客様の興味があることはなんですか?

あなたのお客様は一人暮らしですか?

あなたのお客様は兄弟はいますか?

あなたのお客様が学生の時に打ち込んだことはなんですか?

あなたのお客様は会社ではどのような評価を受けていますか?

あなたのお客様の口癖はなんですか?

あなたのお客様が不安なことはなんですか?

あなたのお客様の不満はなんですか?

あなたのお客様の悩みはなんですか?

ここでのポイントは、

「あなたのたった一人の理想とするお客様」

を説明する文章を読んだ人が10人いたら、

10人とも同じイメージを持つまで、具体的にすることです。


< /span>
これだけで、

自分のスクールビジネスのモヤモヤが晴れますよ♫

是非、試してみてくださいね!

理想のお客さま作り方は分かった。
しかし価値の作り方がわからない

という方は、6月30日都内某所でシークレットセミナー
価値発掘お役立ちサロンを開催しますので
そちらを楽しみにしていてください


セミナーまで待てない
という方はコチラ!
3秒で保護者の心を掴み獲れ

――――――――――――――――――――――――
【とにかく「自分独自の価値」が欲しい方 必見】

*2013年6月26日(水)のみ限定

個別コンサルティング(1回24,000円相当)を
受付再開します!

無料で実施します!

【残席4名】好評につき、追加開催決定 無料個人コンサルティング!

塾長なのに、自分独自のウリがわからない?


はっきり言います


塾長として、自分の価値を一言で言えないのなら、

あなたはお客様をライバルに譲っているようなもの


お客様があなたを選ぶ独自の価値がなければ、

一生保護者の方はあなたのことを選んでくれません。


保護者や生徒がライバルの所に行ってしまう前に、

あなた独自の価値を発掘し、突出させましょう

お気軽にお申し込みください♫^^

やるなら今です
下記メールアドレスまでご連絡ください。

□ 送信先メールアドレス shirohigeittetu@gmail.com
□ 件名「無料個別コンサルティング希望」
□ お名前
□ あなたのメールアドレス

※スクールビジネス以外の方で無料個別コンサルティングを希望される方はその旨も明記してください。

場所は都内を予定しています。ご連絡くださった方に詳細をお伝えいたします。


あなたの人生を変える、独自の価値を手土産に帰っていただく60~90分にすることをお約束します。

開催日程:6/26(水)
面談時間:①11:00、②13:00、③14:30、④16:00

募集人数:4 残席名 となりました。
募集締め切り:6月23日(日)21時59分
スポンサードリンク

こちらの記事もおすすめ
no image 幸組思考

始まりが善ければなお良し

2014年2月7日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
さて、本日最後の記事は―「始まり良ければ、さらに良し」通常は、「終わりよければ、すべてよし」ですよね。確かに、最後が良い締めくくりになればいいと思います。ですが私は、本気で没頭し、 …
no image 幸組思考

学習塾集客 あなたはなぜ、価値を伝えないといけないのか?

2013年5月6日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
あなたも既に感じられているかもしれませんが現代は、歴史上過去最高の情報過多時代です。一説によると「2011年の1年間に発信された情報は人類が …
no image 幸組思考

最後の最後は援護がなくなります。

2013年3月28日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
【最後の最後は援護がなくなる】戦争の話で恐縮です。敵陣に攻め込む歩兵部隊には、敵陣に近づく直前までは後方からの援護射撃に守られています。直前までは後ろからの支援があるんですね。しか …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ