スポンサードリンク
スポンサードリンク

幸組思考

自信がないならやらなければいいのに

スポンサードリンク








個別面談で言われる
私にとって一番のミステリーワード。
 
 
それは
 
「私、自信がないんです。」!
 
 
私の個人面談は塾長(または塾長志望者)向けに行っていますので、
特に思うのですが、
 
 
 
「自信がない!」
 
 
 
そう思うくらいなら、やらなければいいのに。
 
 
 
私はそう思うワケです。
 
 
 
冷たいでしょうか?
 
 
 
ですが、こうも考えてみてください。
 
 
 
「自信がない。」
 
 
「私がこんなことを指導していいのでしょうか?」
 
 
 
これらの発想って、思いっきり自分中心的な思考だと思いませんか?

 
 
例を挙げましょう。
 
 
 
私は以前から、ビジネスは「お客様の問題解決」のためにある。
 
 
 
そう言っています。
 
 
 
だからこそ、起業する際の最初の動機は
 
「保護者や生徒の抱える何らかの問題や欲をなんとか解決したい」
 
そこから始まるのが普通。
 
 
 
だから!
 
 
 
「自分に自信がないんです・・・。」
 
 
 
ではなく、
 
 
 
「どうすれば、保護者の抱える問題を解決できるのだろうか?」
 
 
 
と考えるのが思考の基本パターンなワケです。
 
 
 
「自信がない」
 
 
 
そう考えているとき
 
あなたの思考や意識の中心はあなたです。
 
 
 
「失敗したらどうしよう。」
 
 
 
と、自分がいかにリスクを負わずにすむ方法だけを考えています。
 
 
 
本当に生徒や保護者のことを考えているなら、
 
自分に自信がないことを心配する前に、
 
まずは「生徒や保護者に何をしてあげられるのか?」
 
を真剣に考えます!
 
 
 
例えば、熱を出した子供を目の前にして、
 
「看病できる自信がない・・・。」
 
とは言いませんね?
 
 
その子のために、やれること、できることはすべてやるのではないでしょうか?
 
 
 
 
 
だからこそ、
 
 
 
「自分のスクールビジネスをうまく行かせたい!」
 
 
 
そう願う個人面談の相談者から、
 
 
「私、そんなことをする自信がないんです・・・。」
 
 
そう言われるのは本当にミステリー。
 
 
 
 
ビジネスは無理にさせられるモノではありません。
 
 
 
もしあなたが、
 
「自信がないからできない。」
 
本気でそう悩んでいるのなら・・・
 
悪いことはいいません。
 
 
 
スクールビジネスをするのはあきらめて、
 
とっとと「雇われ講師の人生」を歩み始めることをオススメします。

今日もお読みくださってありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村

スポンサードリンク

こちらの記事もおすすめ
no image 幸組思考

売上さえあれば。。。。

2013年6月8日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
「安い授業料でも頑張って売れば売上になるし」そんなことを考えていませんか?短期ならば売上がちょっとはマシになるでしょう。ですが、個人塾の経営者や中小塾のオーナーであるならば、絶対避 …
no image 幸組思考

値下げ?それは価値がないからです。

2013年5月23日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
数年前に、私塾界などの業界紙でこんなキャッチコピーを見ました。札幌0円戦争!とある予備校が札幌に進出した際に0円で講習を実施し生徒を集めていた時期があり、地場の他の塾もそれに対抗す …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ