スポンサードリンク
スポンサードリンク

教室への集客

学習塾集客 ビジネスをしていくうえで一番大切なこと(2)

スポンサードリンク








塾長さん、塾長候補のあなた、こんにちは!

前回の記事で、ビジネスをしていく上で一番大切な事は


お客様をつくること


というお話をお伝えしました。

では、

お客様をつくるためには、どうすればいいでしょうか?

広告を打つこと?

それも必要でしょう。

しかし、あなたは、お金もコネも無い、個人事業主なんです。
零細塾の塾長さんなのです。なるべく、キャッシュアウトは避けたいところです。


正解は 


マーケットに発言をする事で、自分の事を認知をしてもらう

です。

これは、SNSやブログを使うなど、ネットを使ったお金のかからない方法です。

また、同時に並行して、異業種交流会で顔を売る、知人に自分の授業やサービスを必要としてくれる人やそのお子さんを紹介してもらうなど、リアルでも並行して進める必要があります。



塾長、あな
たがこれは自分の認知になると思われる事であれば、それ以外の
方法でももちろんOKです。

ここでお客様を作ることを、「ビジネスの背骨」といいます。

何はなくとも、見込み客を早く、多く、たくさん作る! 

あなたのヴィジョンに共感してくれるであろうお客様にどんどん自分を認知してもらう。


これをいかに早く、多く、たくさん露出出来るかが、今後あなたのスクールビジネスが成功するかしないかのポイントとなってきます。


あなたのヴィジョンに共感してくれるイノベーター、アーリーイノベーターは全体のお客様の15%から18%。


ですから、その母数を多くすればするほど、あなたの理想とする、「無条件であなたから授業やサービスを買ってくれる」お客様を獲得出来る、という仕組み、わかりますよね?



まずは、

「露出を増やして、自分を認知してもらう!」

成功への第一歩はここから始めましょう!



今日もお読みくださってありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村

スポンサードリンク

こちらの記事もおすすめ
no image 教室への集客

塾長、プロフィール写真に気を使っていますか?

2015年2月9日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
ハッキリと言ってしまいます。人は見た目で選びます!だから、プロフィール写真にはこだわってください。これは、キレイかどうかということを言っているのではなく、しっかりと身だしなみに気を …
no image 教室への集客

手紙のメリットその3 手書きの手紙は温かさがあるため捨てられない

2014年4月19日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
ワープロやパソコン機器の発展に伴い、手書きの手紙は極端に少なくなってしまいました。年賀状や暑中見舞いですら、そうなのですから、保護者の方に送 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ