スポンサードリンク
スポンサードリンク

教室への集客

広告費は『先行投資』という考え方にシフトする

スポンサードリンク





昨日、塾生生涯価値について、

詳しくお伝えをさせていただきました。


この塾生生涯価値の数字が分かると、これから手にしたい売上に対して、いくらの広告費をかければよいのかが分かりますので、事前に計算することもできます。


逆を言えば、あなたがいくら使えば、どのくらいのお客さんが増えるていくのか?が理解できるということです。


つまり、これまでのように、目先だけの数字にとらわれていては、せっかくの得られるであろう利益を見逃してしまうことになりますし、繁盛塾にするための「再投資」もできないということに繋がっていたのです。


もちろん、この考え方の根底には、来ていただいたお客さんを無料体験だけのお客さんではなく、何年か通い続けてもらえるような作業がともないます。


それには、あなたの指導技術やサービスの向上も必要になってきますし、コミュニケーション能力も必要になってきます。


また、入塾してもらってコアなファンになっていただくための工夫も必要になりますので、長期の計画と実行力が必要になってきます。



ただ一つ言えることは、あなたの塾を繁盛させたければ、「新規のお客さんを増やして、そのお客さんをあなたの塾のコアなファンへ育てること」これ以外に方法はありません。そのための先行投資です。



このことは儲かっていない塾を見るとよくわかりますよね。


==========================


儲からない塾長ほど、

新規塾生の獲得に対して、お金を使おうとしません。


儲からない塾長ほど、

1回の広告費で元を取り戻そうとします。


==========================


だから、思ったような売上を立てることができず、失敗のレベルで終わってしまうのです。



これからは、新規獲得コストは1回で取り戻そうとするのではなく、先行投資という考えで、後から回収することを意識してください。


塾にある機械や器具なども、減価償却するのに時間が掛かりますよね。集客時における広告費もこれと同じことなのです。



●まとめ


広告を使った「宣伝広告費」は先行投資と考える。

【The価値組】 「『塾長の価値』発掘・活用21日間集中プログラム」

スクールビジネスで成功したい

塾長、講師の方必見!

21日間お届けするメールセミナー

スポンサードリンク

こちらの記事もおすすめ
no image 教室への集客

【学習塾集客】新規集客における2つの前提条件(1)

2013年7月31日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
●新規集客における2つの前提知識とは?学習塾の経営でもっとも大変なことは、保護者・生徒にあなたの学習塾を知ってもらい、そして来塾してもらうこ …
no image 教室への集客

脱!とりあえずビジネス!数字を意識した経営へ!!!

2014年4月25日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
全ての学習塾ではありませんが、学習塾経営の傾向を拝見していると、売上を上げなければならない、生徒・保護者に来てもらわなくてはならない、と感じ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ