スポンサードリンク
スポンサードリンク

教室への集客

講習に参加してもらうための最初のステップ(4)

スポンサードリンク





さて、昨日の続きです。

『指導技術があれば、また生徒は来てくれますか?』

この問いにYESと答えた塾長や講師の方は、気を付けなければなりません。

なぜなら、新規で来塾してあなたの指導やサービスを受けたにもかかわらず、入塾や入会をしていない生徒さんが多々いると思われるからです。

指導技術にあこがれてあなたの塾に来ているのであれば、一度来塾されたお客さんはあなたのところにとどまり、他のところへ行くことはありませんよね?

しかし、現実はそうなっていないと思います。

指導技術に焦点が行き、指導技術を磨くことだけを意識されている”現場思考の経営者”が犯してしまう決定的なミスです。

そして、そのような経
営者が口をそろえていう言葉があります。


新規の塾生獲得でうまくいっていない時に、

「一度私の授業を受けてみれば、どれほど指導技術が素晴らしいのかが分かります!」と。

そういう経営者ほど、1回来たお客さんに対してリピートさせることができていません。ましてや、講習参加をしてもらう事なんて夢のまた夢。

つまり、このことは、

保護者や生徒にとってみれば、指導技術がすべてではない!ということに他なりません。

塾を経営する方の視点と、お客さんの視点は、おおよそ違うということを認識しておくようにして下さい。

では、次回、入塾がないとどうなるのか?指導技術だけに目が行き過ぎて退塾が増えるとどうなるのかについて詳しくお話していきます。


●まとめ

お客さんは「指導技術」によって入会しているのではない。



【The価値組】 「『塾長の価値』発掘・活用21日間集中プログラム」

スクールビジネスで成功したい

塾長、講師の方必見!

21日間お届けするメールセミナー

スポンサードリンク

こちらの記事もおすすめ
no image 教室への集客

手紙のメリットその3 手書きの手紙は温かさがあるため捨てられない

2014年4月19日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
ワープロやパソコン機器の発展に伴い、手書きの手紙は極端に少なくなってしまいました。年賀状や暑中見舞いですら、そうなのですから、保護者の方に送 …
no image 教室への集客

業界紙「塾と教育」のチラシ評、危ない危ない、危険ですよ。

2013年5月27日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
今回もチラシのお話です。あなたの塾にも、「塾と教育」という業界紙が届いていますか?私の塾には、昨年の年末から毎月1冊届くようになりました。業 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ