スポンサードリンク
スポンサードリンク

教室への集客

マーケティングの3Mってなあんだ?(1)

スポンサードリンク





こんにちは、


今回は、ちょっとだけ専門的な話になりますが、是非とも覚えていただきたい内容になります。


生徒・保護者を集客するときに必要な視点なので、しっかりと理解していただきたいと感じます。


では、お伝えしますのでついてきてください。



マーケティングには3Mという考え方があります。


3Mとは[マーケット][メッセージ][メディア]のことで、「誰に」「どのようなメッセージを」「届けるか?」を示す考え方です。



▼マーケット market


マーケットとは市場のことで、もっと分かりやすく言うなら生徒・保護者。つまり、あなたのお客様は「いったい誰なのか?」を意味しています。


多くの経営者は、自分の商品や授業、サービスを多くの人に手に取ってもらいたいと考えていますが、現実には「顧客層」が存在していて全てということはありません。



例えばあなたが取り扱う商品や授業やサービスは、7歳の男の子は買いますか? 84歳のおばあさんは買いますか?


もし””NO””であるなら「みんな」ではないですよね?


「みんな」に提供するのではなく「特定者」に対して提供するので、ターゲット(生徒・保護者)の選定は、非常に重要な要素となります。


※ここがぶれると、このあと紹介する「メッセージ」も「メディア」も意味がありません。


ではメッセージはと言うと。。。。。



次回のお楽しみ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 



【The価値組】 「『塾長の価値』発掘・活用21日間集中プログラム」

スクールビジネスで成功したい

塾長、講師の方必見!

21日間お届けするメールセミナー

スポンサードリンク

こちらの記事もおすすめ
no image 教室への集客

学習塾経営のポイントPart3 塾経営に足りないものって?(1)

2013年7月14日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
スクールビジネスの経営というのは、間違いなく技術職だと言えます。それに付随してサービス業という面も持ち合わせています。だからこそ、お金も時間 …
no image 教室への集客

時間軸で考えてみる

2013年4月30日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
さて、このブログもスタートしてから2か月がたとうとしています。今までは、私自身のことを知っていただくための記事やマインドの部分の記事が多かったのですがそろそろ、具体的な集客、生徒集 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ