スポンサードリンク
スポンサードリンク

教室への集客

塾長と言えども経営者!「計画」を持っておこう!!

スポンサードリンク





多くの学習塾の中で、なかなか繁盛していない学習塾さまの話を聞いていると、経営に対する考え方として「売上に対する意識が短い期間で考えている」ことがあげられます。

売上や生徒・保護者の数を、単月ごとでしか捉えていないため、年間を通した計画を立てることなく、思いつきの行動に終わってしまっています。(計画を立てることが苦手なので、目の前のできることから始めてしまうことも多い。)

実際、半年後・1年後の売上や利益予想について、即答できる人は、ほとんどいないのではないでしょうか?

前月や、昨年と同時期の数字を見て「今月もおそらくこれくらいなんだろうなー」と予想をする程度で、1年を通した月ごとの利益の上下から、分析している人は少ないと思われます。

それに加え空いた時間にいたっては、売上を上げるため、生徒・保護者の来塾数を増やすために集客への工夫をするのではなく、自分の技術を磨くことで満足してしまう人も多いようです。

技術の向上は必要ですが、これでは、経営に関して完全な「待ち」のスタイルになってしまっています。

(生徒・保護者が来るのを偶然に任せてしまっている。)

しかし、今月や来月だけの売上を考えるのではなく、1年間を通した年間売上を意識するようにすると、1年間の中で売上が落ち込む時期に、どのようにして売上や生徒・保護者の数を増やそうか?、という発想が生まれてきます。

個人で学習塾を経営している人は「技術者」でもあり「経営者」でもあることを忘れないようにしておきましょう!

技術の向上 = 生徒・保護者を満足させる方法。

宣伝広告  = 生徒・保護者を来塾に導く方法。

●ポイント

学習塾経営は続けていくもの。

次の一手を考えながら経営に取り組もう!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 



【The価値組】 「『塾長の価値』発掘・活用21日間集中プログラム」

スクールビジネスで成功したい

塾長、講師の方必見!

21日間お届けするメールセミナー

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ