スポンサードリンク
スポンサードリンク

教室への集客

安心感を生み出す「明瞭会計」と保護者生徒の声

スポンサードリンク






新規体験授業参加者の不安を払拭させるものは、サービス提供者の「笑顔の写真」だけではなく「料金の明確化」「お客さまの声」もあります。

 

インターネット上で調べることができる悩みサイトの中で、お客さんが学習塾に対して思う不安要素の中に「料金が明確になっていないところは、絶対に入りません!」というものが投稿されていました。

 

 

また、料金の表示があるものの「料金体系の種類が多すぎて、どれを選んでいいのか分からない!」というものもありました。

 

お客さんは、お金を払う側の人です。

 

そこに料金が掲載されていないということは「高額な請求されたらどうしよう?」という不安が付きまとってしまいます。

 

そしてチラシに受講コースの選択肢が多いと、新規体験授業参加者はその前提知識がないために、どれを選んでいいのかわからなくなります。

 

これでは来ていただく以前の問題になりますので、新規体験授業参加者に迷わせることなく、安心できるように誘導してあげて下さい。

 

例えば、集団指導の学習塾を例に上げると、予算・料金別で掲載するなら、次のように3つくらいにしておくと選びやすいです。

 

22科目コース 21600円

35科目コース 32400円

アンリミットコース   43200円


 

学力などの目的別にするなら、

以下のようなものでもいいかと思います。

 

中堅私立コース    54000円(300分)

難関私立コース    64800円(600分)

東大京大コース    75600円(900分)

 

また、すでに体験した方の声を掲載しておくと、

新規体験授業参加者をより安心して来塾させることができます。

 

これは「体験者の声」に書かれている体験が、新規体験授業参加者が抱えている問題や体験したら得られるであろう結果と直結していて、共感するからなのです。

 

そして、新規体験授業参加者と同等の立場・目線で語られているから、メッセージが届きやすく、受け入れやすくなっているのです。

 

テレビやインターネット上の販売サイトなどを見ていても、売れているものやサービスには、必ずと言っていいほど「お客様の声」が掲載されていますので、学習塾のチラシにも「お客さまの声」として、載せておくことが望ましいです。

 

 

●まとめ

 

新規体験授業参加者に来てほしいなら、まずは安心を与えること。

→笑顔の写真、料金の明確化、そしてお客さまの声。

【The価値組】 「『塾長の価値』発掘・活用21日間集中プログラム」

スクールビジネスで成功したい

塾長、講師の方必見!

21日間お届けするメールセミナー









スポンサードリンク

こちらの記事もおすすめ
no image 教室への集客

【学習塾集客】新規集客における2つの前提条件(1)

2013年7月31日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
●新規集客における2つの前提知識とは?学習塾の経営でもっとも大変なことは、保護者・生徒にあなたの学習塾を知ってもらい、そして来塾してもらうこ …
no image 教室への集客

【再掲載】 残席6です。無料コンサルティング

2014年7月11日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
無料個別コンサルティングが大変ご好評のようです。最近あまり更新に力を入れていないので気が付いていない方のために再掲載記事です(笑)無料個別コンサルティング残席わずか(6席)です。興 …
no image 教室への集客

【学習塾集客】新規集客における2つの前提条件(2)

2013年7月31日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
●新規集客における2つの前提知識とは?前回は新規体験授業生を獲得するため(保護者・生徒に来てもらうため)には、やるべきことを2つに分けて考え …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ