スポンサードリンク
スポンサードリンク

教室への集客

チラシのデメリットを理解してみましょう。。。。

スポンサードリンク





前回、学習塾が行う「チラシ」集客には、

4つのメリットがあるということをお伝えしました。

 

====================

 

「低予算、地域エリア、即効性、計測可能」

 

====================

 

覚えていらっしゃいますか???

 

上記のように、チラシにはいくつかのメリットがあるのですが、もちろん、いいことばかりではありません。どんなことにもメリットとデメリットがあるように、チラシにもデメリットが存在します。

 

そこで今回は、チラシのデメリットについてお伝えしていきます。メリットと比較してみて、その特徴を理解してみてください。

 

 

▼デメリット1:基本的にお金が掛かる

 

チラシの最大のデメリットは、基本的にお金が掛かるということです。例え小規模な地域エリアの配布から始めるにしても、全く無料で行うことができません。

 

先述させていただいた通り、自分で作って配布するにしても、数千円から数万円はお金が掛かります。(用紙代、インク代など)

 

また、広告代理店などに広告の制作依頼をして作っていただき、その後、折り込み広告やポスティング業者などに頼むと、数万円から数十万円の広告資金が必要になります。

 

 

▼デメリット2:効果が持続しない

 

チラシのメリットには、撒いたその日からお客さんが電話での問い合わせや予約、そのまま来塾するという即効性があるのですが、その反面効果が持続しないというデメリットがあります。

 

チラシは基本的に“売込み”だと消費者は気付いているので、それを長い期間、継続して見るということがありません。

 

ポスティングなどの場合には、見ると同時にゴミ箱へ直行するケースも多々あります。

 

つまり、効果としては長期継続型には向いていないということです。

 

※長期継続型の広告媒体(看板・ホームページ)

 

 

▼デメリット3:情報量に限界がある

 

チラシは紙媒体なので、紙の大きさ(広さ)があります。

 

駅などで配っているティッシュサイズのものからポスティングなどで使うB5A4サイズ、新聞折り込み用のB4A3サイズなど、大きさは様々です。

 

しかし、それでも情報掲載量の「限界」がありますので、ホームページなどと比べると圧倒的に劣ってしまうことになります。

 

このことをちゃんと理解しておかないと、一番伝えなければならないことが後回しにされていたり、何でもかんでも詰めすぎて、ごちゃごちゃになってしまうこともありますので、意識しておくようにして下さい。

 

 

●まとめ

 

3つのデメリットには、、、

「広告資金、効果の持続、そして情報量」

【The価値組】 「『塾長の価値』発掘・活用21日間集中プログラム」

スクールビジネスで成功したい

塾長、講師の方必見!

21日間お届けするメールセミナー









スポンサードリンク

こちらの記事もおすすめ
no image 教室への集客

学習塾経営のポイントPart4 監督とプレイヤーの違い(2)

2013年7月16日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
前回からの続きです。経営者のやることは年間スケジュールを立てどのように売り上げをあげていくか?そのための戦略をどうするか?を考えています。個 …
no image 教室への集客

1通目の手紙でやってはいけないこと

2014年4月20日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
これまで、保護者の方や生徒さんに送る手紙についてお話をさせていただきました。3つのメリットについては以前アップした下記の記事を参考にして下さい。================== …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ