スポンサードリンク
スポンサードリンク

教室への集客

繁盛塾はどのように考えているか?

スポンサードリンク





こんにちは。

本日も美味しく「ホワイトモカ」をいただいております。やっぱりクリーミーで甘いです。(^-^)v 
     ↓これ。

前回、学習塾経営を行っていく上で、最も大切なこととして「生徒・保護者の住所」について詳しくお伝えしました。

この理由は、相手先の住所(連絡先)が分からないと、自ら接触することができず、生徒・保護者が来るのをひたすら待ち続けなければならないからでした。

今回は、継続・発展していかない理由であり、お店が潰れていく原因でもある、理由についてお伝えしていきます。

飲食店や雑貨店などは、来店したお客さんに対して接客し、商品やサービスを提供します。当たり前ですよね。

学習塾も同じように「技術提供・サービス業」なので、お客様が来塾し、その対応をしていきます。

お客様に来ていただき、サービスを提供して月謝を頂きます。

ですよね?

==================

問題は、そのあとの行動なのです。

==================

お分かりになりますかね?

では、前回のものを含めて今一度確認をすると、繁盛していかない理由は2つあります。

1つは、店舗の商売は、お客さんが「来店したときに対応する」ため、お客さんを待っていなければならないこと、

1つは、商品やサービスを提供したら、お金を受け取るため、お金を受け取ったあとは次のお客さんへ行くというものです。

思い出していただけましたでしょうか?

今回は、この2つ目の理由「お金を受けった後の行動」について、お話をしていきます。

世の中には、お客さんとの[対面]で行われるお店がたくさんあります。

カフェ、ラーメン屋、ファーストフード、レストラン、ブティック、携帯ショップ、家電販売店、パソコンショップ、美容室、リラクゼーション、不動産屋、雑貨店、コスメ、、、などなど

あげればきりがありません。

既存のお店の多くは、お店を経営する目的として[商品やサービスを販売]しています。

お客さんが来て、その対応をして料金を頂いたら、次のお客さんが来るのを待つ。(または次のお客さんを探します)

そして、お客さんがまた来店するのは、お客さんが商品やサービスを気に入ってくれたからという、お客さんの都合で行われます。

しかし、リピーターと言われる人は[商品やサービス]が目的としてこられていると思いますか???

中には、お店の雰囲気がいい、店員さんの対応がいい、カッコイイ店員さんがいる、話しやすい・相談しやすいなど、

お店や人にあたるものも多くの理由としてあります。

==================

「その店員さんがいるから、、、」

==================

特に個人や小規模でされているなら、なおさらだと思います。

では、同じことをやっているのに「繁盛している学習塾」と「そうではない学習塾」に、どのような点が違っているのか?

繁盛している学習塾は「どのようなことを考えているか?(目的にしているか?)」をお伝えしましょう。

★下の表を比較してみてください。

=====================  
      一般的な学習塾       

売上の目的   商品やサービスを
売る。
販売の考え   入塾したら終わり。
その後の行動  次の生徒・保護者を探す。
しばらくすると  新規が取れなくなる。
結果       売上が下がり利益が少ない。
=====================
        繁盛学習塾       

売上の目的    顧客を獲得する。
販売の考え    次のサービスを考える。
その後の行動  顧客とのコミュニケーションを増やす。
しばらくすると   リピーターや紹介が増えている。
結果        売上が上がり利益が多い。
=====================

それぞれ比較してみていかがでしょうか?

同じように商品やサービスをしているにもかかわらず、その後の結果が圧倒的に変わることが分かりますよね。

では「販売」について、そのような点で思考が違っているかというと、、、、、

==================

▼既存学習塾

売上を上げることが目的であり、

販売することが手段となっています。

==================

しかし、売上を上げることは目的ではあるけど、生徒・保護者を獲得すること(生徒・保護者と繋がること)を目的にしているため、

売ったら終わりではなく、売ったあとにどのような手段を用いてコミュニケーションを取ろうか?を考えています。

そのため売ったあとの行動は、手紙を出したり、学習塾だよりを出したりしながら、コミュニケーションの回数を増やしています。

その結果、売り切りのお店は、次々に新規の生徒・保護者を探さなければならず、お金も時間も神経もすり減らしながら、利益の少ない仕事をすることになります。

一方、繁盛学習塾は生徒・保護者とのコミュニケーションを大切にしているため、リピーターや紹介も多く、何年も通ってくれるようになり、利益の大きい仕事ができます。

==================

▼繁盛学習塾

顧客を獲得することが目的であり、

販売することが手段となっています。

==================

このことは一つの結論に辿り着きます。

それは、、、、、

商売はあなたが持っている商品やサービスを押し付けてお金をいただくのではなく、「人に与えて受け取るというコミュニケーション」だということです。

このことを理解していただいて「生徒・保護者とのコミュニケーションを増やすこと」を意識してみてください。

きっとその先には、何度も同じ生徒・保護者を喜ばせ、満足度の高い仕事をして「繁盛する学習塾」が作れるようになります。

●まとめ
売ったら料金をいただいて終わりなのではなく、売った時がコミュニケーションの始まりです。

【The価値組】 「『塾長の価値』発掘・活用21日間集中プログラム」

スクールビジネスで成功したい

塾長、講師の方必見!

21日間お届けするメールセミナー









スポンサードリンク

こちらの記事もおすすめ
価値の創り方ノウハウ

狙った生徒・保護者が99%来塾する秘訣

2019年8月6日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
狙った生徒・保護者が99%来塾する秘訣 こんにちは 3秒で保護者の心を掴みとれ! 選ばれる価値組塾長創出プロデューサー吉田寛章です。 休眠生徒の掘り起こしに …
no image 教室への集客

学習塾 集客できるホームページの作り方(2)

2013年4月1日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
保護者から選ばれる塾長になれ!前回からの続きですいくら良い指導技術をもっていても、それが伝わらなければ残念ながら保護者や生徒さんは新規会員として来塾してくれません。反対に、あまり良 …
no image 教室への集客

最後に行動してもらうためのひと工夫ってなんだろう?

2014年7月4日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
無料コンサルを体験したい人絶賛募集中ここまで、集客につながるチラシとして、興味を持っていただけるようなキャッチコピーで新規体験授業参加者をひ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ