スポンサードリンク
スポンサードリンク

教室への集客

売上推移をちゃんと見ていますか?

スポンサードリンク





学習塾の経営や集客に関して驚いてしまうことが「そもそも何をどうしたらいいのかも分からない」ということがあります。

学習塾で働く人は指導技術を習得し、向上する必要があります。

そのため研修などでは、指導技術の習得と指導の方法を主体とした教育をしますが、経営や集客に関してほとんど学ぶ機会がありません。

これは「士業」と言われる方も同じです。

行政書士や社労士、税理士等も、法律を勉強して資格を取得しますが、経営や集客に関して学ぶことがないので、営業の方法やクライアントの獲得に頭を悩ませており、専門誌などで見た年収と現実の収入に大きな隔たりがあります。

このような現状では、いつまでたっても売上が伸びていくこともなく、ただ生徒・保護者任せ・消費者任せの「会社経営」になってしまっています。

売上を上げたいのであれば、自らが考えて行動しなければなりません。そのためには、行動するためのデータを理解する必要があります。

▼経営を軌道に乗せるには、既存顧客からの集客を!

ここ数年(数ヶ月)の新会員の来塾データをグラフにし、過去の年間売上(月間売上)を見て、何月が閑散期(新入塾生の数が落ち込む月)であるのか、閑散期にどの程度の落ち込みがあるのか?について把握しましょう。

例えば一年間の売上推移をグラフにします。

一例ではありますが、例えば2月・3月・11月が閑散期にあたり[売上の底上げ]をしなければならないポイントがあったとします。

この時期は新規の生徒・保護者を獲得することに意識を向けるのではなく、一度体験に来たけれど入塾しなかったという既存の生徒・保護者に対して、アプローチをしていく方がはるかに集客がしやすいです。

この理由は後ほど詳しく説明をしますが、市場の動きが鈍っているときに、無理に新規を追いかけようとしても、いい結果は出にくい傾向にあるからです。

それよりもなるべくコストをかけない範囲で、接触頻度を高めた既存の生徒・保護者からの集客を狙った方が、売上は立てやすく高収益型の経営ができるのです。

ライバル学習塾が何もしないこの時期に、一緒になって何もしないというのは「経営者」としては失格と言わざるを得ません。

確かに予算の少ない学習塾では、リスクを感じることもあるかもしれませんが、この時期をチャンスととらえ、まずは既存の生徒・保護者に連絡をとることから始めてみて下さい。

生徒・保護者はあなたからの連絡を、今か今かと待っていますよ。

●まとめ
データはあなたの学習塾を繁盛させる第一歩!

【The価値組】 「『塾長の価値』発掘・活用21日間集中プログラム」

スクールビジネスで成功したい

塾長、講師の方必見!

21日間お届けするメールセミナー









スポンサードリンク

こちらの記事もおすすめ
no image 教室への集客

体験入会からの入塾がないと、あなたの塾に何が起こるのか(5)

2014年4月6日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
午前中の投稿の続き遂に完結です。新規のお客さんばかりのサービス提供は、コミュニケーションを取ることにも繊細にならざるを得ませんし、精神的なス …
no image 教室への集客

脱!とりあえずビジネス!数字を意識した経営へ!!!

2014年4月25日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
全ての学習塾ではありませんが、学習塾経営の傾向を拝見していると、売上を上げなければならない、生徒・保護者に来てもらわなくてはならない、と感じ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ