スポンサードリンク
スポンサードリンク

お客様の声

声を集めるちょっとした”コツ”?

スポンサードリンク

声を集めるちょっとした”コツ”?

 

高校入試もひと段落し、そろそろ『合格しました!』の喜びの声もたくさん聞こえてくる時期ですね。
こういった時期だからこそ、ぜひ、塾で実践してもらいたいこと。

それは、生徒保護者の体験談「声」集めです。

ということで

生徒・保護者の声のもらい方についてちょっとしたコツ

 

本日は生徒・保護者の声のもらい方について
ちょっとしたコツをご紹介したいと思います。

これで、ちょっとは声を
貰いやすくなるのではないかと思います。

まずは復習です。

声は質と数の勝負です。

どちらかというと数のほうが大事です。

・たくさんあれば、繁盛しているように見える

・たくさんあれば、支持されているように感じる

できれば質と数の両方を求めたいものですが
どちらかというと数が勝負です。

『質』とはなにか?

例えば・・・

・手書きでもらう

・写真付きでもらう

・インタビューでもらう

・動画でもらう

・ツーショットで写真をとる

・ホワイトボードに書いてもらって記念撮影

などなどいろいろな手段があります。

ただ、質を上げようとするとやはり生徒・保護者の中には
抵抗感を感じる人もいらっしゃるという事です。

声の使い方としては・・・

・ホームページに掲載する

・院内に貼っておく

・チラシに掲載する

・ニュースレターなどに使う

・看板に使う

などなどいろいろ活用方法があります。

できるだけ多くの声を
できるだけ信頼性の高い状態で公示するのが鉄則です。

でもなかなか声がもらえないと
悩む塾長や教室長の先生も多いのが事実です。

そこで、ちょっとしたコツです。

それは『声』ではなく『アンケートをもらう』

ということです。


「声をください」というと生徒・保護者も身構えてしまいます。

そこで「アンケートを書いてください」と伝えるのです。

アンケートならそこまで抵抗なく書いてくれます。

さらに、ここで”ポイント”です。

結構ボリューミーな良い声が掲載された
サンプルも一緒に渡すのです。

ただアンケート用紙とそこに書かれている質問だけですと
めんどくさいですし、時間がもったいないので
さらさらっと書いてお終いです。

でも、このよい声のようにしっかり書かれた
サンプルをいっしょに渡されると・・・\(^o^)/

ちょっと適当には書きにくくなりませんか?

そして、サンプルにつられてしっかり書いてくれやすくなる。

そう、サンプルの効果は絶大なのです。

そ・し・て最後に・・・

これを掲載してもいいですか?

ダメ  イニシャルならOK  実名OK  写真OK

とまるで囲めるようにしておくのです。

そして別用紙もしくは口頭で・・・

「今キャンペーンやっていて、
もし、写真とか実名OKなら○○なんですよ」

とちょっとした『特典』を伝えるのです・・・。

生徒・保護者はもう書いていますし、
最後に言われるとちょっと断るのも・・
気まずいのでOKしてしまうことが多いんですね。

ポイントは「声」と言わずに「アンケート」と言う

最後に掲載承諾をもらう
ということです。

声を貰うことがちょっと苦手な先生でもこれならたくさん声を集めることができるかもしれません。

自分の学習塾にどうやったら組み込めるかじっくり考えてみてください。

【追伸】
こちらもチェックしてみてください。↓↓↓
生徒を増やすための集客マニュアルやチラシ集のご案内はこちらから

 

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ