スポンサードリンク
スポンサードリンク

価値

後光が射す方法 その3

スポンサードリンク

第3回目ですね。

おとといから塾長の権威性を上げるための記事を書いています。

今日の記事も昨日と一昨日の記事を読んでからお読みください。

後光が射す方法 その1

後光が射す方法 その2

 

後光が射すためには
外見と空間が大事というお話の続き

本日は

後光が射すための空間創り

スポンサードリンク

空間について塾のコンセプトによりますが
集団指導系であれば学校の雰囲気を出したほうがいいです。

面談の椅子には学校でよく使われている
コクヨなどの学習椅子を使う。

進路相談スペース・机には偏差値ランキング
螢雪時代・授業法によっては生徒の授業中の様子
センター過去問演習会での得点アプップのデータを貼ってもいいですね。

本棚には読んでいなかったとしても
指導要領・専門書・学習や受験に関する書籍を並べる。

ポイントとしては、生徒・保護者が
進路相談室にきているような雰囲気を出すことです。

学習塾は学校ではありませんが、
教師としてのスタンス・雰囲気を出すために
こういった演出を行うことはプラスに働きます。

生徒・保護者は必ずいろいろな学校や塾に
通った経験を持っています。

学校・公教育を連想されるもので
学習塾にも置いておけるものはありますよね。

そういった空間にすることで
生徒・保護者は教育機関であることを無意識に感じ取り
塾長の後ろに後光を見るのです。

是非、この後光が射す

外見 と 空間

意識して見直してみてくださいね。

【追伸】
こちらもチェックしてみてください。↓↓↓
生徒を増やすための集客マニュアルやチラシ集のご案内はこちらから

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ