スポンサードリンク
スポンサードリンク

マーケティング

ホームページ集客がなくなる理由

スポンサードリンク

こんにちは
3秒で保護者の心を掴みとれ!
選ばれる塾長創出プロデューサー吉田寛章です。

今日から8月、
夏期講習も佳境といったところでしょうか?

ホームページ集客がなくなる理由

本日は、ホームページを使った集客が”いずれなくなる”
という話をしていきたいと思います。

あなたの学習塾は10年後、20年後も継続していますか?

スポンサードリンク

まだまだ先の話ですが、
先生の学習塾は10年後、20年後も
やっていますよね、、、

それくらいの規模での話ですが、
生徒・保護者を集める『本質』の部分ですので
考える良い機会になると思います。

 

私の主宰するチームコンサルThe価値組には毎日色々な方から
様々な質問、お問い合せがきます。

HPからの集客が減っている気がする

最近、徐々にですけど増えてきたのが

「ホームページ集客の新規が減っている気がする」

という相談になります。

いろいろな学習塾さんや他業界を
広い視点で見ているとそれは『当たり前のこと』
なのですが塾長さんには
その当たり前がイメージできないようです。

少し考えてみましょう。

20年前の学習塾業界は

20年前の学習塾業界です。

まだ、パソコンやスマホが世界に普及していない時代です。
インターネット・携帯電話というものがない時代。

ウィンドウズ98がまだ出始めたころ、
パソコンは高くてインターネットも遅いし、
うまく使いこなせる人もほぼいない時代です。

当然ですが、20年前も学習塾はたくさんあったわけで
別の方法で集客していたわけです。

今よりも学習塾を探すための『情報』が
すくないので口コミが多かったかもしれません。

チラシや地域誌などへの広告、
看板・立地からの集客がより強かったのです。

そして現在は?

そして現在はというと、一家に一台のパソコン…

どころか、1人一台のパソコンや携帯電話(スマホ)
という時代になってしまいました。

これは、情報メディアの変化です。

人々が情報を得るためのメディア(経路)が
変わってきたのです。

現代ではパソコンでの『検索』は当たり前で、
メールで情報をやり取りして、
最近ではスマホで「LINE」というアプリや
「フェイスブックメッセンジャー」でチャットをするのが当たり前になっています。

手紙

テレビ

電話

パソコン

メール

チャット

LINE

○○

○○

イメージとして正確ではないですけど
情報のメディアが動いていて、大きな視点では
これからも変化していくということです。

つまり、何が言いたいのか?

集客経路というのは時代と共に
動いて変化していくということ

 

もう1つ小さな期間に絞ってみると
それぞれの『メディアの飽和』があげられます。

例えば、、、

ホームぺージ集客の効果が高いとわかると
全員がこぞってホームページを作り始めるわけです。

みんながみんな新規の塾生がほしいので
集客効果が高いものに群がるわけです。

そして、徐々に検索エンジンが飽和して
1つの学習塾さんあたりの集客数が徐々に減ります。

実際に、私がこの学習塾業界に
インターネット集客というものを提案し始めたころ、
ホームページを持っている先生は少なく
キレイでしっかりしたものがほとんどありませんでした。

10年経った現在では、
チームコンサルThe価値組のクライアントさんも多くなりましたし、
他社さんでもかなりお金をかけて作っている
学習塾のホームページをよく見かけます。

激戦地域では、検索結果の上位5つ以上が
よく作りこんだホームページだったりします。

つまり、ホームページ集客の反応は

ライバルが増えるにつれ下がっていくということ

当たり前ですが、
数年単位でみると徐々に反応が下がります。

 

メディアの変化

 

それは、先ほどの『メディアの変化』と
『そのメディアの飽和』が原因になります。

塾ナビやホットペッパー、食べログなどもそうですね。

昔、塾ナビとの提携塾が少なくまだ薄かった時代、
広告を出せば20人とか30人、集客できた時代があります。

今では同じ大きさの広告を掲載しても
5人も集客できなくなってしまったと
以前セミナーの懇親会で、とある先生から聞きました。

これは明らかに塾ナビというメディアが
飽和しているからです。

ホームページも徐々に飽和に向かっています。
どんどん新しいホームページが立ち上がり
いろいろな学習塾が”しのぎを削って”います。

今でいえば、スマホサイトも必須になりました。
スマホに力を入れると効率よく集客できる時代です。

そして、スマホサイトもいずれは
メディア力が低下して、
ライバル学習塾さんも当たり前のように制作し、
徐々に飽和に向かって進んでいきます。

といってもパソコンサイトはまだしばらくは
一番集客効果が高い集客経路として
機能していきますのでご安心ください。

ですが、この2つの要素で反応は下がっていくことは
長期的には認識していかなければなりません。

HPから集客できなくなるならどうしたら良いのか?

 

では、長期的に集客経路を安定させるためには
どうすればいいのでしょうか?

1、常に新しいメディアを監視する意識を持つ。

→長期的な視点ですが時代の流れを集客という視点で
監視する必要があります。

パソコン普及 → 携帯普及 → スマホインターネット普及

などそういった視点を忘れないこと。

といっても大丈夫。

その時代に合わせた集客方法をThe価値組に限らず
集客サポート業者が提案してくれます。

2、現状の広告メディアを常にアップデートする

→ホームページもただあるだけではいずれ負けます。
ライバルが現れたらライバル以上のものに作り替える。

ライバルが広告費を上げてきたら、広告費を上げていく。

ホームページの情報量を増やす
スマホサイトを作る PPC広告も試す

など、作って終わりではなく、常に常に
改善を繰り返し新しい方法を試してみることが重要です。

本日のまとめ

ホームページ集客がうまくいっても
あぐらをかくことなく改善を繰り返し
長期的に時代のメディアを感じ取るべきということ

まだまだホームページでの集客は
発展途上なので今からでも全然遅くないですよ。

だた超激戦区はだいぶ工夫が必要になってきました。

今ならば、スマホサイトとPPC広告が有効ですね。

時代の変化については
このブログを定期的に読んでいただければ
私が伝えていきますのでご安心くださいね。

スポンサードリンク

こちらの記事もおすすめ
マーケティング

営業に騙されないための効果的なフリーペーパー広告のチェックポイントについて その2

2019年1月2日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
営業に騙されないための効果的なフリーペーパー広告のチェックポイントについて その2 こんにちは! 好きな時に、好きな場所で、  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ