スポンサードリンク
スポンサードリンク

価値の創り方ノウハウ

狙った生徒・保護者が99%来塾する秘訣

スポンサードリンク

狙った生徒・保護者が99%来塾する秘訣

 

こんにちは
3秒で保護者の心を掴みとれ!
選ばれる価値組塾長創出プロデューサー吉田寛章です。

 

休眠生徒の掘り起こしに苦労している塾長必見

スポンサードリンク

 

本日は生徒・保護者にキャンペーンの
ハガキを出している先生や、
休眠生徒・保護者の堀起こしに苦労している
先生必見の情報をお送りします。

先生の学習塾では、
休眠生徒・保護者の掘り起こしはしていますか?

堀起こしの方法で多いのは、最後に来塾してから
30日とか45日後に、ハガキを送ったり、
電話をしたりすることがオーソドックスです。

個人的経験から

ちなみに私個人の経験では、
床屋さんから

「最後にカットされてから45日が経ちましたが、
そろそろサッパリしませんか?」

というハガキが送られてきたことがあります。

歯医者の歯科助手さんから

「定期健診にきませんか?」

「キャンセルのお電話を頂いてから5日
経ちましたが、その後どうですか?」

という電話をもらったことがあります。

ハガキを送る、電話をするということは、
やらないよりは、絶対にやった方がいいです。

昨日もお伝えしたように
人は忘れる生き物です。

連絡をしてくれて助かった

 

生徒・保護者の状況にもよりますが、

「忙しくて面談の予約を入れられず、
しばらく経ってしまい、
予約することを忘れていたので、
連絡をしてくれて助かった」

ということが多いようです。

 

手紙のポイントは

 

その際のポイントは生徒の苦手科目や、部活など、
プライベートな話題を手紙に入れることで、
生徒・保護者さんに特別感を与えてあげることが重要です。

より具体的にお伝えしますと、
生徒・保護者さんを、

「その他大勢の中のひとりにせず、
特別なひとりとして見てあげるべし」

ということになります。

誰だって、

「自分は特別で有能な人間だと思われたい」
という生まれついて持っている気持ち
を突くべしとも言いかえられます。

ではここで、生徒・保護者を
その他大勢の中の一人してしまった、
ダメな文章例をお伝えします。

ダメな手紙例

—————————————————

拝啓 ○○様

この度、当塾は開塾3周年を迎えました。

これもひとえに、地域の生徒・保護者様、
皆様のお陰でございます。

そこで、ささやかではございますが、
地域の皆様へのお礼と開業3周年を記念致しまして、
9月は中間テスト対策として週2回5教科
3000円でテスト対策をさせていただきます。

塾長・スタッフ一同、
あなた様の来塾をお待ちしています。

—————————————————

こういうハガキやダイレクトメール。

結構、ポストに入っています。

正直、私の心には何も刺さりません・・・

もしも今、こういう感じのハガキを
出してしまっている先生がいらっしゃれば、
その先生には申し訳ありませんが、

上記のような書き方では、
来塾してくれる生徒・保護者は
そう多くはないでしょう。

どういった手紙がいいのか、文例

では、どのような書き方をすれば、
休眠中の生徒・保護者は来塾してくれるのでしょうか?

以下は、学習塾ではないのですが、
とある、セミナー集客用の手紙の冒頭です。

その冒頭とは、以下になります。

「私は○○さんのことが心配です」

この後、特定の個人に向けられた文章が続くのですが、
ハガキの内容がこのフレーズから始まっていたら、
ドキッとして、思わず先を読んでしまいますよね?

この手紙は差出人とお客さんの
信頼関係が高かったということも
影響するとは思いますが、

何十万円もするセミナーにも関わらず、
手紙を出したお客さんからの
申込率は100%だったそうです。

ちなみにここで、もしも吉田が塾長先生なら、
生徒・保護者に向けてこんな手紙を書きます。

 

—————————————————

私は、吉田さまのお子さん信長くんのことが心配です。

英語が苦手ということで体験授業に参加された信長くんは
体験授業期間に毎日毎日、苦手の英語克服のために、
一生懸命黙々と問題演習を繰り返していました。
もうちょっとの努力で苦手克服をできることを
私や当塾のスタッフは知っています。

信長くんのことですから、今現在も、
サッカーに没頭されていらっしゃることと思います。

そんな、仲間のためにフォワードとして部活を頑張っている
信長くんのようなお子さんにこそ、学習面でも努力が結果を出すこと、
知識が増えることの喜びを知ってほしいと
私はもちろん、スタッフ一同が思っています。

学力は相対的なものです。
周りのお子さんよりも努力をすれば間違いなく結果は出ます。

お忙しいこととは思いますが、
ぜひ、近いうちに一度、またお気軽に
お越しくださいませ。

学習面における取りこぼしがたまる前にお越しいただけますと、
定期テストでの成績アップはもちろん、

わからないことが増えてから来塾いただくよりも、
遙かに信長くんの時間や労力、精神的な負担も少なく、
時間もお金も節約できます。

それでは再び信長くんにお会いできることを
塾長及びスタッフ一同、心よりお待ちしております。

追伸

お陰さまで当塾は開塾3周年を迎えられました。

これもひとえに、吉田様のおかげです。

お礼と言ってはささやかですが、
9月中でしたら、中間テスト対策を
週2回5教科3000円と
させていただきます。

ご予約はいままでどおり、以下までお電話下さい。

—————————————————

と、こんな感じでしょうか。

その他大勢の中の一人ではなく、
吉田信長という人間を特別扱いしていることを
文面から感じて頂けたと思います。

もし、よくある無難な文章を書いている先生は、
生徒・保護者さんお一人お一人の顔と体験授業に来ている際に交わした
内容を思い出して、手紙やメールに反映してみて下さい。

かならず、今以上にリピート率UP、
休眠生徒・保護者を復活させられますよ。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

こちらの記事もおすすめ
価値の創り方ノウハウ

1000円で地域の保護者を囲い込む方法

2019年7月31日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
1000円で地域の保護者を囲い込む方法 こんにちは。 3秒で保護者の心を掴みとれ! 選ばれる塾長創出プロデューサー吉田寛章です。 たった1000円で、ライバル塾に差を付 …
価値の創り方ノウハウ

説明よりも知りたいにフォーカス

2019年3月21日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
説明よりも知りたいにフォーカス 【説明よりも知りたいにフォーカス】しましょう。 そもそも、興味のない相手にどれだけ 素晴らしい商品説明をしても、右から左に流されておしまいです …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ