スポンサードリンク
スポンサードリンク

価値の創り方ノウハウ

残念ながら『あなた』が見られている

スポンサードリンク

こんにちは
3秒で保護者の心を掴みとれ!
選ばれる価値組塾長創出プロデューサー吉田寛章です。

 

残念ながら『あなた』が見られている

本日は、集客において
「先生、”あなた”が見られているんです!」
という話をします。

耳が痛い話

スポンサードリンク

耳が痛い先生もいると思いますが
真実なので受け止めていただきたいと思います。

もしかしたら、チラシ、ホームページの反応が
いまいちなのは、先生、”あなた”のせいかもしれませんよ.

 

JR高崎駅東口広場、、、、

高崎駅東口は言わずと知れた学習塾、予備校の激戦区、、

先日、都内での仕事終わりに電車で戻ると
駅前で塾の講師風の坊主の男性が
手配りチラシをしています。

その男性は、
チノパンに上着は少しよれよれの
白のYシャツです。

元気よく動きながら
汗をかきながらこう配っています。

「お願いしまーす」

「夏期講習無料でお試しできまーす」

私はコンサルタントとして
後ろから彼の動きをずっと見ていました。

おそらく東口から車で数分の所に新しくできた
入会金・年会費・教材費0円の格安個別指導塾のスタッフだと思います。

やる気があるみたいで
元気に動いています。

女性にも元気よくパンフレットを
渡しています。

でも、よくよくみると女性はなかなか
受け取りません。

受け取るのは男子高校生が明らかに多い。

しかも、配布しているパンフレットは
夏期講習が無料でウケられるパンフレットです。

汗だくの坊主の決して小奇麗ではない
男性が主に小中高校生の子どもを持つ主婦向けである「無料体験授業」の
お試しパンフを配っているのです(笑)

矛盾を感じますね。

矛盾1

無料体験授業 → ターゲットは主に子育て世代の女性 → 女性は受け取らない

なぜならば、その人が汗だくで
表情もなんだか必死で普通の女性は
近づきたくない印象のスタッフさんだからです。

女性心理としては、例えパンフレットを
受け取ったとしても
こんなスタッフさんに自分の子どもに関わってほしくはないのです。

そもそもこんな決して小奇麗ではない
男性がパンフレットを配っていても
近づいてほしくはないと思います。

つまり、パンフレットではなく
パンフレットを配っている人が見られているのです。

そもそも、そういった風貌・人相の男性が
パンフレットを配るならば
仕事帰りの男性サラリーマンを対象に
成績向上とか逆転合格など、子どもの努力の結果、
成果を中心としたパンフレットを配ればいいのです。

もちろん、イケメンの清潔感溢れる男性や
キレイな女性が無料体験授業のパンフを配るなら
効果が高いと思います。

塾や予備校というのは
その先生・スタッフと対面で会話して
自分の子どもを預けるサービスです。

当然、人間ですからサービスもそうですが
人の外見から雰囲気を見ているのです。

街頭でパンフレット・チラシを配るときの
服装・表情・動き方が見られているのですね。

これはパンフレットを配るときだけじゃなく
ホームページでもチラシでも写真を通してですが
まったく同じことです。

【本日の格言】

塾・予備校・英会話教室などのスクールビジネスは対人ビジネス。

授業内容・レベルの前に人としてのあり方が見られる。

自分のホームページの写真や
街頭チラシ・休憩時間の服装・格好・人相はどうですか?

塾のイメージにあっていますか?

見込み客である保護者や生徒は常に人をみているのです。

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ