スポンサードリンク
スポンサードリンク

マーケティング

誰もがカリスマ塾講師になれる法則

スポンサードリンク

誰もがカリスマ塾講師になれる法則

こんにちは。

3秒で保護者の心を摑み取れ!
価値組塾長創出プロデューサー吉田寛章です。

本日は

「誰もがカリスマ塾講師になれる法則」

スポンサードリンク

というテーマでお送りします。

・・・

1万時間の法則

この世には、1万時間と言う法則があります。

そして、その法則とは、
偉大な成功を収めた起業家や世界的に
有名なスポーツ選手など、何かの分野で

「天才」

と呼ばれるようになる人達に共通しているのは、
10,000時間、そのことに打ち込んできたから。

ということです。

1万時間の法則より引用

<以下、1万時間の法則より引用>

ビル・ゲイツの場合

例えば、誰もが知っている、
マイクロソフトのビル・ゲイツ。
ビル・ゲイツは中学2年の時に
コンピュータと出会い、
週7日、1日8時間。

さらにそれから自分の会社に
力を注ぎ始める大学2年までの7年間、
ぶっ続けでプログラムの開発をしていた。
時間にすると1万時間を超えている。

音楽学校でバイオリンを学んでいる生徒の場合は、

・ソリストになりそうなグループ。
・プロオケでやっていけそうなグループ。
・そしてプロオケは無理でも
音楽の先生になりそうなグループ

3つのグループにわけて練習量を比較したところ、
ソリストになりそうなグループは
計10000時間ほどで、練習量が
他のグループよりも飛躍的に高かった。

出典:天才! 成功する人々の法則
マルコム・グラッドウェル, 勝間 和代 より
[itemlink post_id=”945″]

聞きなれ過ぎた精神論的な格言を裏付ける実証

「継続は力なり」
「最後まであきらめなかったヤツが笑う」

など、聞きなれ過ぎた精神論的な格言は
世の中に沢山あります。

それを裏付けるデータが実在することは、
指導技術向上を目指す塾長への
エールになるのではないか?

と、思い、いつもと違った
切り口でお伝えしてみました。
もし、塾長が、最近指導に熱が入らない。

自分の腕に自信が無くなってきた…

指導家をずっと続けて行く気力が無い…

など、テンションが落ち込み気味でしたら、
是非、ご一読されることをお薦めします。

↓↓↓
[itemlink post_id=”945″]

(天才! 成功する人々の法則)

意識のレベルの違いで結果に差が

なお、同じ1万時間でも、「意識」のレベルで
上達度合いは全然変わります。

例えば、目の前の保護者や生徒さんを
ただ指導しているだけの塾長や講師の方。

例えば、目の前の女性の保護者や生徒さんを指導することで、
その保護者や生徒さんが元気になれば、保護者や生徒さんの家族も
HAPPYになれるんだから、絶対に問題解決してあげるぞ!

という意識で指導に臨む塾長や講師の方。

例えば目の前の女性保護者や生徒さんを指導することで、
その保護者や生徒さんが元気になれば、
保護者や生徒さんの家族もHAPPYになる。

家族がHAPPYになるということは、
旦那さんもHAPPYになって、
その職場も元気になるかもしれない・・・

という意識で指導に臨む塾長や講師の方。

この3人の塾長や講師の方の内、
どなたが一番、指導力や影響力がUPしそうでしょうか?

当然、最後の塾長や講師の方ですよね。
つまり、目の前の保護者や生徒さんだけを見ずに、
保護者や生徒さんの家族、コミュニティ、地域、
社会にまで塾長の指導の効果が
波及すると考えて指導に臨んで頂ければ、

なんとなく指導に臨んでいるよりも、
何倍、何十倍も指導技術向上の速度が速くなります。

そうしていけば、熱心な指導は
保護者や生徒さんに伝わるはずですから
リピートアップ、紹介アップにも
つながって行きます。

是非、次の指導から気持ちを
一層こめてみて下さいね。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ