スポンサードリンク
スポンサードリンク

価値の創り方ノウハウ

ツンデレ塾長がモテる理由

スポンサードリンク

ツンデレ塾長がモテる理由

こんにちは。

3秒で保護者の心を摑み取れ!
価値組塾長創出プロデューサー吉田寛章です。

学習塾は”ツンデレ”のほうが生徒にモテる

スポンサードリンク

塾長は一昔前に流行った
ツンデレカフェって知っていますか?

ツンはツンツンしているの「ツン」

デレはデレデレしているの「デレ」

このツンデレが使い方によっては
学習塾経営に役立ちます。

本日はここを解説しましょう。
使い方注意ですよ(笑)

塾長もよくおわかりかと思いますが
学習塾は通常の接客業とは大きく違います。

もちろん接客的な心配りやコミュニケーション能力は
とても重要ですが、いわゆる接客業とは違います。

面談重視の個別指導塾はちょっと接客業よりになるのかもしれませんが
学習塾は”ツンデレ”のほうが生徒にモテるのです。

ツンが必要な時

ツンツンしすぎはよくないですが
生徒・保護者に迎合するのではなく
ある程度、教育者として突き放す必要があります。

例えば・・・

指導計画通り来てくれない・・

やったらダメということを平気でする・・

指導方針や値段に不満がありそう・・・

こんな時は「ツン」の出番です。

はっきりこう言ってやってください。

「○○さんのお母さん、私は○○さんの将来を思って
提案しております。

もし、私の言うことを聞いていただけないなら
私は○○さんの面倒をこれ以上見ることはできません。

ほかにも学習塾はたくさんありますので
よそに行ってください。」

ある程度の人間関係が構築されているという条件ですが
当然、生徒・保護者はビビります。

『あ・・・見放されるかも
突き放されている・・・ヤバい』

このように「ツン」、つまり軽く突き放してあげると
生徒・保護者は逆に近寄ってくるのです。

つまり、これは塾長の自信を見せているところであり、
生徒・保護者への気遣いでもある訳です。

一般的な学習塾でこのようなことを言われませんし、
日本の接客業では基本的には「お客様が偉い」という構図が
意図知れず出来上がってしまっています。

生徒・保護者には新鮮に映り

「もしかして本気で私のこと考えてくれている?」

という思いになります。

予算が厳しい家庭には

料金に関しても

「お母さん、経済的な事情はよくわかります
ただ、お子さんの為に頑張れる保護者はお母さんしかいません。

私としては本気で指導に取り組む所存ですが
もしご納得いただけないなら
もうすこしリーズナブルな塾を紹介しますよ」

これもそのまま言ったらだめですが、
こういう雰囲気のことを自分の学習塾に当てはめて
伝えてあげるのです。

このような「軽い突き離し」は
生徒・保護者も本気になりますし、

きもちの軽い人・冷やかしの人は
本当にいなくなるので塾長さんとしても
やりがいを感じることができます。

塾で行う「デレ」活用法

「デレ」というのは本気で通ってきてくれる
生徒・保護者に対して「デレ」、やさしく気遣うということです。

「お母さん、お子さんの家庭学習の調子どうですか?
もし、なにか変化や心配事があれば遠慮なく
塾に電話してくださいね。」

とか

「お子さん、勉強頑張っていますね・・・
本当に偉いと思います。」

などの言葉だったり、ちょっとしたプレセントや手紙も
とても効果的ですよね。

苦手の英語を克服したいと指導に通ってきた生徒・保護者に
ひと通り英語の成績が良くなった時に
(テストで高得点を取ったや英検に合格したなど)
フォトフレームをプレゼントして

「○○さん、英語の成績がよくなってよかったですね
私もとてもうれしいです。と言って英語の高得点のテストを持ってV
サインをしているお子さんの写真をインストールして

これは当塾からのささやかなプレゼントですが
お子さんとの写真を入れられるフォトフレームです。

是非、お子さんが頑張っている写真を入れて飾ってくださいね」

まさに「デレ」の気遣いです。

こんなことを学習塾から気遣いされたら
どうでしょうか?

吉田は間違いなくこんな学習塾があったら
社員全員・家族全員紹介します(笑)

モテる塾長の条件

このように「ツン」と「デレ」を使いわけて
生徒・保護者のハートをつかむことが
モテる塾長の条件になるんです。

バランスを間違わなければ
たぶんですけど、女性にもモテると思います。
(ここは自信ありません・・・)

スポンサードリンク

こちらの記事もおすすめ
価値の創り方ノウハウ

残念ながら『あなた』が見られている

2019年8月7日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
こんにちは 3秒で保護者の心を掴みとれ! 選ばれる価値組塾長創出プロデューサー吉田寛章です。 残念ながら『あなた』が見られている 本日は、集客において 「先生、" …
マーケティング

【6日目】『【ブログ読者先行予約スタート!】唯一無二のビジネスチャンスを掴み取れ!」

2018年12月15日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
こんにちは 好きな時に、好きな場所で、 好きな仕事をする 塾長を創る。 価値組塾長創出プロデューサー吉田寛章です。  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ