スポンサードリンク
スポンサードリンク

マーケティング

塾の集客で動画を使って生徒や保護者を集める方法

スポンサードリンク

塾の集客で動画を使って生徒や保護者を集める方法

こんにちは。

3秒で保護者の心を摑み取れ!
価値組塾長創出プロデューサー吉田寛章です。

昨日は5G時代に学習塾が動画を使って集客することの準備に関して記しました。

今日は、動画集客を使った方が良い理由などを記していきたいと思います。

 

 

スクールビジネスを経営されている方のお悩み

スポンサードリンク

学習塾や英会話教室などのスクールビジネスを経営されている方のお悩みというと

  • 新聞に折込チラシを入れても新規の生徒の問い合わせが来ない
  • ホームページでアピールしているけれど効果が感じられない
  • 見込み顧客の保護者が立ち寄りそうなところにチラシを置いているが反応が薄い

こういったところではないでしょうか?

また事実として分かっている事柄の「少子化」という理由からも、これからマスマス新規の生徒を獲得しにくくなることは間違い無く、頭の痛い問題の一つでしょう。

このようなことを念頭に置いた時に、
塾長、あなたは今後どのようにして
生徒や保護者を集めていかれるでしょうか?

今回のブログは、動画を使った集客マーケティングで
今のお子さんやこれから見込み客に成り得る
若い保護者の方にもアピールしやすい方法を
ご案内していきます。

A:スクールビジネスと子どもの関係

「少子化」と世間が賑わい始めてから、10年以上が経過しています。
私自身の感覚から言うと90年代の終わりから2010年くらいまでは少子化の影響を全く感じていませんでした。

むしろ、ひと家庭あたりの子どもが少なくなった分
教育にかける金額が大きくなってビジネスがやりやすくなったとすら感じていました。

過去に総務省が行なった国勢調査の結果を見ると
2000年には14歳以下の子どもは1847万人いました。

これが

2010年になると1680万人まで減少

オリンピックが開催される来年にはもっと減っていて、14歳未満の人口が1400万人くらいになるであろうことが
容易に想像できます。

しかし、子どもの人口の減少に対して
学習塾の教室数は減少していません。

塾生に成り得る子どもの数に反比例して、
事業所の数は増加し続けています。

さらにインターネットやスマホの普及や副業なども
行いやすくなったため、店舗型の塾やスクールだけが
教育施設ではなくなり、オンラインで学習できる方法も
激増しています。

スカイプ(skyp)やズーム(zoom)を使って
英会話が学習できたり、タブレットやスマホで
講義に参加できたり、従来の学習塾と言う範囲
だけでの競合・ライバルでは無くなっているのです。

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ