スポンサードリンク
スポンサードリンク

教室への集客

塾長と保護者・生徒、常識がこんなに違う

スポンサードリンク

塾長と保護者・生徒、常識がこんなに違う

魔王
魔王
こんにちは。

3秒で保護者の心を掴み取れ!
選ばれる塾長創出プロデューサーヨシダヒロアキです。
本日のテーマは、「常識の違いが実は体験受講生の保護者の定着率を
決めている」

です。

塾長と保護者・生徒、常識がこんなに違う

スポンサードリンク

ハワイで見た光景

以前、両親の金婚式のために
ハワイに赴き空いている時間にプールサイドで

仕事をしていた時のことです。

ハワイは日本人がやはり多かったのですが

思ったほど日本語が通じなかったです。

もっと日本語がどこでも

通じる地域だという

勝手な私の常識がありました。

面白かったのが日本のおばちゃんです。

どこかの団体ツアーできたのでしょうか、

全く英語を使わないおばちゃん軍団

恰幅の良いおばちゃん軍団が

まったく英語を使わずにプールの

ウェイトレスさんとやり取りしていました。

・おばちゃん、メニューを指さしながら、、、

「おねえちゃん、ウェイターか?」

「これちょーだい、ビールね、ビール」

・吉田の頭の中

「女性だからウェイトレスじゃね(笑)」

・ウェイトレス、流暢な英語で、、、

「ビアー ハイネケン or バドワイザー

or ○○ or ○○ なんとかかんとかーー」

・おばちゃん

「何喋ってるかわからん、ビールやでビール」

「ドゥーユーアンダースタンド?」

「指さしたらわからんのかな、ビール!」

・吉田の頭の中

「ドゥーユーアンダースタンド?って」

「わかっているからビールの種類きいてるんだろ!」

・ウェイトレス(おばちゃん曰くウェイター)困る

ざっくりいうとこんなイメージです。

思い込みからくる会話の食い違い

おばちゃんは指さして頼めば通じると

思っているからそれしか言わない。

でも、ウェイトレスはビールはわかっていて

その種類を聞いている。

さぞかし、このおばちゃんのせいで日本人は

めんどくさいと思った事でしょう(笑)

ハワイのこんなシーンで思いついたことは

うまくいかない塾長は

この『おばちゃんと同じこと』を

無意識にしていることにあるということです。

吉田の頭の中

「あーー塾長さんもこうなっている人いるな」

塾長の常識と保護者の常識は違う

つまり、塾長さんの頭の中の常識と

初回の体験受講生の保護者の頭の中の常識が大きく

ズレているということです。

一般的に初回の体験受講生の保護者というのは

無知であり学習塾に対して

オリジナルの常識(先入観)を

持っているのです。

学習塾ってこんなところ、、、

集団指導ってスパルタかな、、、

個別ってうちの子にぴったりの指導を
してくれるんだよね、、、

学習塾って一回いけば成績上がるとこでしょ

学校の下請けみたいなところでしょ

授業風景はわかるけど

学校となにが違うのかな?

学童的な預かりをしてくれる塾ってないの?

などなど本当にさまざまです。

塾長さんが思っている以上に

初めての体験受講生の保護者はいろいろな常識を

抱えて学習塾にやってきます。

学習塾業界について正しく

理解している人の割合って

おそらく1割もいないと思います。

塾業界に初めて足を踏み入れてくる人も

初めは全く分かっていません。

でも、塾長さんはその道のプロです。

学校を卒業、修行して、開業

毎日授業をしているわけです。

大きな常識のかけ違いに気づく

ここに大きな大きな常識の

かけ違いが存在していることに

まず気が付かなければなりません。

まず相手の状態をしっかり聞いて

こころを開いた状態で

説明をしていきます。

イメージとしては指導法と塾について

しっかりと教育していく感じです。

教えてあげる感じです。

あなたのお子さんの状態はこうこうで、

こういった状態なのです。

だからほっとくとこうなる

可能性が高いのですが

これを改善していきましょう。

他にも家庭教師や公文式など

いろいろありますが

こういう仕組みで基本的には

こういった仕組みなんです。

でも当塾はこういった考えで

こういう指導法・方針でやっていて

結果も十分出ています。

授業法はこういう感じで

通塾目安はこうこうです。

1回でよくなる子もいるけど

あなたのお子さん場合は最低でも合格するまでは

通ったほうがいい。

そして、学力を伸ばすためには

学習習慣の獲得のために

定期的に通塾したほうがいいと思う。

成績向上ってこういうメカニズムなので

あなたはこうするべきだ

^^^^^

まーざっくりですがこんなイメージ。

体験受講生の保護者は無知であり

間違った常識を抱えています。

その常識を塾長さんが

正しく書き換えていく必要があります。

保護者の常識を書き換える

書き換えるのです。

だから入会はほぼ初回で

決まるというのはここです。

来塾

対面

聞き取り・説明

検査(テスト)

授業

アフターケア

このステップ、主に聞き取りの時に

大体決まってしまいます。

この書き換える常識が

「一回でよくなるよ」

とか

「塾に通えば成績は上がるよ」

とか

「うちの塾じゃなくても同じだよ」

というような常識を

インプットしてはいけません。

意外と塾長さん側が

まちがった常識をインプットしていたり

常識を書き換えることを

まったくしていない事があります。

だから、体験受講生の保護者はその学習塾に

行く意味が理解できません。

体験受講生の保護者の無知の中にある

かすかな常識では学習塾経営は

上手くいかないのが現実です。

だから、塾長さん側が

塾長さんの正しい常識を

書き込む必要があります。

体験受講生の保護者は無知であるので

塾長さんが信頼されていたら

その常識にしたがって行動するようになります。

つまり、言葉悪く聞こえますが

塾長都合で体験受講生の保護者の常識が

作られていきます。

でもその常識が正しければ

それが体験受講生の保護者のためになります。

体験受講生はしっかりと成績がよくなり

定期通塾をして、ずっと好成績でいられます。

そして、もし不調が起きても

しっかりと正しい常識があれば

また繰り返し学習塾にやってきて

正しい指導法を受け続けることができます。

塾長は、ハワイにいた日本のおばちゃんのように

自分の常識を押し付けていませんか?

おばちゃんの常識は外国人のウェイトレスとは

大きく違うのです。

しっかりと正しい知識を伝えて

体験受講生と保護者をしっかりと元気にしてあげてください。

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

本日の内容が少しでも

お役に立てば幸いです。

ブログランキングの応援のポチと
はてなブックマークを
2クリックしてもらえると嬉しいです。

魔王
魔王

ブロトピ:更新しました

ブロトピ:ブログを更新しました!

ブロトピ:ブログ更新通知

スポンサードリンク

こちらの記事もおすすめ
no image 教室への集客

スマホサイト・ブログ・メルマガって必要ですか?(2)

2013年3月14日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
保護者から選ばれる塾長になれ!前回は、一般的にはスマホサイト、ブログ、メルマガってやったほうがいいけど白ひげの個人的見解ではやらないほうがい …
no image 教室への集客

幸組って何をするの?

2013年3月7日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
保護者から選ばれる塾長になれ!今日は私の会社でセミナーを行いました。実は、幸組塾長創出プロジェクトリアルの世界では1月末にスタートを切っています。やる気のある起業家の方前向きな塾長 …
no image 教室への集客

塾長、プロフィール写真に気を使っていますか?

2015年2月9日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
ハッキリと言ってしまいます。人は見た目で選びます!だから、プロフィール写真にはこだわってください。これは、キレイかどうかということを言っているのではなく、しっかりと身だしなみに気を …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ