スポンサードリンク
スポンサードリンク

たった1人の理想のお客様

【理想の保護者設定】個人塾塾長はこんな保護者に要注意!!相手にしてはいけない3つのパターン。

スポンサードリンク

こんにちは

好きな時に、好きな場所で、

好きな仕事をする

塾長を創る。

価値組塾長創出プロデューサー吉田寛章です。

塾長、あなたは

相手をしてはいけない

選んではいけない

「保護者像」をご存知ですか?

 

私の「価値組塾長創出プロジェクト」の戦略において

「たった一人の理想のお客様」の設定は

最重要事項です。

 

※「たった一人の理想のお客様」については今後詳しく語っていきます。

 

今回は、その

「たった一人の理想のお客様」選びの際に

絶対に選んではいけないお客様について

語っていきます。

 

選んではいけないお客様は以下の3パターン

 

1、好きになれない保護者

2、お金のなさすぎる保護者

3、上から目線の保護者

 

です。

 

最初の

「1、好きになれない保護者」から

 

今から、1分間であの人、自分の理想の保護者だったなぁ

と思われる、保護者を1人、頭に思い描いてみてください。

 

「〇〇さん(理想の保護者の名前)が

毎日毎日毎日、あなたの塾に子どもを

連れてきたらあなたは嬉しいですか?」

 

答えが「YES」なら問題ありません。

 

ですが「No」ならば・・・

 

あなたはその保護者と

関わるべきではありません。

理由、おわかりですか?

 

あなたはスクールビジネスを通じて

塾生や塾のスタッフ、あなたの家族を

豊かにしていきたければ

多くの「理想の保護者」に

お会いしなければなりません。

 

ですが、あなたは

その理想のお客様に

会いたくない・・・。

これでは、いくらアクセルを踏んでも

同時にブレーキを全力でかけているようなもので、

結果に繋がるわけがありません。

 

さらには、

 

万が一、

会いたくもない保護者やその子どもばかりで

あなたの塾が繁盛してしまったなら・・・。

 

塾長、あなたはこれから、

好きでもなく、会いたくもない家庭と

お付き合いを続けなければならないのだ

と、考えたことがありますか?

 

 

それって、

生き地獄だと思いませんか?

 

ビジネスは

大好きなお客様の

問題解決を提供すること。

 

そして、その人から感謝されることがとても嬉しい!

 

そう思えるビジネスが

最高の豊かさを手に入れる

最低条件なのです。

 

あなたにもかつて、こんな経験がありませんか?

 

保護者はともかく

子どもは一生懸命やっている。

なんとかしてあげたくて自習に呼んだり、

特別に宿題やプリントを用意してあげたり。。。。

 

その割には結果が出なくて

苦労して面倒見てあげたのに

感謝もせずに退塾していく。。。。

 

または、

 

塾生数が少なくて

売上が厳しい。

保護者の様子を見ると

過保護、過干渉気味でリクエストが増えそうな予感がする。

本当は、相手をしたくないんだけど

わずかな月謝増を期待して

しょうがなく、入塾させた。

結果、余計な電話対応や手間ばかりが増えて

返って忙しくなり教室全体のサービスの質が下がって

やめてもらいたくない、通い続けて欲しいできる生徒が

退塾していった。。。。

 

 

私にはサラリーマン講師時代に

上のような経験がなんどもありました。

 

非常に惨めな思いをしたことを覚えています。

 

だからこそ、

100%成績の上がる仕組みを創り

理想のお客様とだけ、関係できる環境を整えたのです。

 

 

今のあなたの塾の

理想のお客様は

ホンモノの「理想の保護者」ですか?

それとも・・・・?

 

 


「価値組塾長創出プロジェクト」の基本戦略

「理想の保護者像をセットする」

 

理想の保護者像を
設定することができれば、

あなたは新市場において

「あなたの好きな人」を中心に

創造することができます。

 

次の記事で引き続き、

絶対に選んではいけない保護者、家庭を

語っていきます(^_−)−☆

スポンサードリンク

こちらの記事もおすすめ
no image たった1人の理想のお客様

値上げに"ビビる"理由

2019年3月8日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
高校入試もあらかた終わり 新年度に向けて料金設定を改定しようかどうか 悩んでいる塾長さんも多いようです。 値上げに"ビビる"理由 多くの塾長が値上げに対して"ビビ"って …
no image たった1人の理想のお客様

サクッと入塾率を上げる2つの条件

2019年2月12日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
本日の内容は、サクッと入塾率を 上げる為に必要な条件についてお伝え致します。 例えば・・・ 「あと3回頑張って通って下さいね~」 と説明したのに1回しか生徒が来ない…  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ