スポンサードリンク
スポンサードリンク

The 価値組

【14日目】進撃の巨人に学ぶ

スポンサードリンク

いやいや、

 みんなが巨人になるんだよ」

 

 

「みんなが巨人になるの?

 ホントに??」

 

 

「それじゃあ、

 何のために人間生きてるの?」

 

 

昨夜、仲間と

盛り上がった話題はコレ↓

こんにちは!

好きな時に、好きな場所で、

好きな仕事をする

塾長を創る。

価値組塾長創出プロデューサー吉田寛章です。

塾長は、

マンガ「進撃の巨人」

ご存知ですか?

 

 

このマンガを読んでいる人達の

中毒レベルがスゴい

塾生の中にもマニアがいて、
進撃の巨人の話で盛り上がったことがあります。

 

「進撃の巨人ごっこ」

から始まり

 

新人漫画家の作品にも関わらず

すでに累計7600万部突破!

 

更には、

世界のコスプレーヤーのみならず、

世界中の盛り上がりもスゴい

 

アニメもシーズン3まで製作されていますし

 

 

一体、

この盛り上がりは

何なのか?

 

 

さまざまな意見が

飛び交っておりますが、

 

 

私はひと言で

こう思うのです。

 

 

今までになかった

革新的すぎる

コンセプト

 

 

それが原因だと

 

 

 

 

「そんなの当たり前でしょ?」

 

 

あなたは

そう言うかもしれません。

 

 

 

ですが、

あなただったら、

ここまで

「とにかく」非情なマンガ

描くことができますか?

 

 

 

私たち人間が

巨人に食べられるままに

なるしかない。

 

 

巨人に戦いを挑んでも、

ほとんどが負けてしまう。

 

 

人間すらも、

巨人化し。

 

 

さらに言うなら、

問答無用にグロテスク

 

 

 

そんな

「とにかく」非常で

アリエナイところだと思うのです。

 

 

人々が「進撃の巨人」に

ハマってしまうのは!

 

 

 

 

私は「進撃の巨人」を通して、

塾長のあなたに

学んでほしいことがあります。

 

 

それは、

今までに

誰も考えたことのない

アイデアだからこそ、

選ばれるのだと言うこと。

 

 

「誰もやったことがないから

やるのが怖い。」

 

 

ではなく、

 

 

「誰もやったことがないから

 チャンス」

 

 

なワケです

 

 

 

そして、

この「誰もやったことのない」世界を

創造し、提供するのが

私たち塾長の役割でもある。

 

 

 

私はそう思っています。

 

 

 

ですが。

 

 

 

そうは言っても、

失敗するのは怖い。

 

 

 

それがホンネ。

 

 

私だって失敗するのは

コワいですから。

 

 

ですので、

次回の2019年

新オープン講座

『価値の転換・創造セミナー』では

 

「価値の転換・創造」×「与える達人」

 

このコンセプトを基に、

失敗確率を最小化させる

ビジネス創造の極意

提供させていただきます

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ