スポンサードリンク
スポンサードリンク

マーケティング

明日が見えない教室を立て直す2つの秘策 その1

スポンサードリンク

明日が見えない教室を立て直す2つの秘策 その1

こんにちは!

好きな時に、好きな場所で、

好きな仕事をする

塾長を創る。

価値組塾長創出プロデューサー吉田寛章です。

集客コストをあまりかけずに教室を立て直す方法

スポンサードリンク

本日は、集客コストをあまりかけずに教室を
立て直す方法をご紹介致します。

この方法はキツイかもしれませんがやれば必ず効果があります。
経営にお困りの塾長にとって何かヒントになればと思います。

自分の教室に体験生が来ないので困っている

先日、FCの個別指導教室を経営する友人と何年か振りに会う機会があり、
一緒に食事をしました。

彼は、個別指導教室の経営者として独立して約1年半。

都内でも田舎と言われている地域に出店しています。

食事の席では個人的に、現場での悩みや成功事例などを
直に聞ける絶好のチャンスだったので質問を色々考えていたのですが…

逆に、、、

『自分の教室に体験生が来ないので困っている』という
悩み相談になってしまいました (汗)

どうも最近、毎月毎月、生徒さんが減っていっているので、
その対策として何かアドバイスをもらえないかということでした。

話を聞いた時の状況をまとめるとこんな感じです。

・開業して1年半
・メインターゲットは定期テストで300点前後の生徒(そこまで気にしていない…)
・立地は住宅街の1F店舗物件
・顧客リスト数は500くらい
・リピート率はわからない
・一応外に看板は設置してある
・ホームページはなし…
・チラシは過去に1回だけ近隣に配布しただけ
・マーケティングって言葉は一応知っている
・広告費に使えるお金はほとんどない
・主な集客経路は口コミ・紹介月に1名~3名

という僕からみたら非常に、、、大胆な塾長です(笑)

チラシは、業者が作成したもの
(FCの研修を卒業すると貰えるテンプレート化したもの)
を一度近隣に配っただけで反応がなかったらしく現在は配っていないそうです。

集客には無頓着、でも塾生は増やしたい、けどお金がない!

『甘い!』

と、思わず突っ込んでしまいそうですが、
本人からすると切羽詰っている状態です。

注文通り、なるべく集客コストを掛けずに今すぐできることを
テーマに2つの秘策をアドバイスしていきました。

それがこちらです↓

1 休眠生徒に接触すること
2 チラシを配ること 

「…なーんだ」とお思いの塾長もいらっしゃるかもしれませんが
この2つです。というかこれ以外ありません。。

この個別指導教室を経営する友人の様な状況で、
お金をできる限りかけずに、
なおかつ早く売上に繋げる為にできることは、
難しいノウハウではなく、基本中の基本になります。

それでは、順番にみていきます。

1 休眠塾生に接触する

実は、売上に伸び悩む塾長ほどやっていなくて、
でも一番最初にやるべきことといえば、、、

休眠塾生に接触することです。

やはり、新規で集客するのはお金も労力もかかり
時間がある程度必要になります。

だったら、まず一度でも来塾したことがある既存の見込み客に
声をかけてみよう!という考え方です。

具体的な接触方法としては、、、
手紙やDMを送っていきます。

出来れば手書きで、
決して売り込まない事が大前提です。

内容は、

・あいさつ (様子伺い程度)
・前回来塾してくれたお礼
・塾長の近況
・時期にあった悩みの解決策(DMを送る理由)
・来塾時の特典(生徒が塾に来るべき理由)

などを、ハガキでもいいですし、A4の紙に書いて
封筒に入れて送っても良いです。

送る人数分、印刷なりコピーすればいいだけですが
出来れば、その生徒さんだけに対する個別のコメントなどを
はさむと反応も変わってきます。

とにかくまずは、休眠塾生に接触する!
ということになります。

 

2 チラシを配ること についてはまた明日(笑)

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ