スポンサードリンク
スポンサードリンク

マーケティング

営業に騙されないための効果的なフリーペーパー広告のチェックポイントについて その2

スポンサードリンク

営業に騙されないための効果的なフリーペーパー広告のチェックポイントについて その2

こんにちは!

好きな時に、好きな場所で、

好きな仕事をする

塾長を創る。

価値組塾長創出プロデューサー吉田寛章です。

さてさて、昨日の続きです。

フリーペーパーに広告を掲載する際のチェックポイント

スポンサードリンク

1つの集客媒体として考えた場合、

その地域のいろんな所に置かれ、
地域の人に見てもらえる可能性が
高い媒体ですので地元の集客を
行うのにとても効果的です。

また、チラシと比べて興味のある人が
勝手にもっていくので、反応率も
無差別に投函されるチラシより
高いのが特徴です。

塾長の教室にも、広告掲載の営業マンが
来たことはありませんか?

⇒ 営業マンがふらっと営業に現れる

⇒ 営業トークに呑まれ、、じゃあ、とりあえず
○カ月やってみようかと試してみる

⇒ 実際、効果なし…

こういった経験をされた塾長も
いらっしゃるかと思います。

当然ですが、広告掲載を薦める会社は、
フリーペーパーで効果があることを強調します。

そして、こちら側としては
それを信じるしか有りませんよね。

そのため、広告を掲載したフリーペーパーが
よいのか悪いのかが解らないということも
あるかと思います。

そんな時はやはり自分自身で
実際に聞いてみたり調べるしかありません。

そこで、さっそくフリーペーパーに広告を
掲載する際のチェックポイントなんですが
具体的にはその媒体の、、

1 発行部数について

2 読者層について

3 出稿する時期について

この3つは最低限考える必要があります。

今回はあくまで媒体を選ぶ際のポイントに
ついてお伝えしますので反応率を上げる方法
については省いてお伝え致します。

1 発行部数について

発行部数とは、文字通りそのまま
『どれくらい発行しているか?』

ということです。

単純にですが、、
発行部数が多い=読者が大勢いる

ということです。

したがって、発行部数が多ければ多いほど、

「多くの見込み客に見てもらえるチャンスがある」

ということになります。

しかし、配布方法によっては
必要としていない方へも渡している
可能性もあります。

ポスティングして配布するのか
ラックの設置してある場所等を
発行部数と合わせて確認した方がよいです。

2読者層についてはまた明日。

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ