スポンサードリンク
スポンサードリンク

マーケティング

明日が見えない教室を立て直す2つの秘策 その2

スポンサードリンク

明日が見えない教室を立て直す2つの秘策

こんにちは!

好きな時に、好きな場所で、

好きな仕事をする

塾長を創る。

価値組塾長創出プロデューサー吉田寛章です。

昨日の続きです。

低コスト高効果の秘策です。

スポンサードリンク

2 チラシを配る

この先述の個別指導教室を経営する友人も言っていましたが、
個人塾の塾長がチラシを配らないありがちな理由として、

「1回配ったけど、全然反応がなかったから…」
「配っている時に、塾生に会ったら気まずいし…」
「チラシって反応ないって聞くし、やらない…」

という事をよ~く

耳にします。

そもそもなぜ、個人塾の塾長が揃ってこういうことを言うのか?
というと、媒体の反応率の基準を知らないからだと思います。

ポスティングですと
1,000枚につき1人~3人

手配りチラシですと
100枚に1人~5人

大体の目安ですが、これを知っておかないと

『1,000枚ポスティングで配ったのに
たった3件しか反応がなかった…』

『駅前で頑張ってチラシを150枚配ったのに
たった2件しか電話が入りませんでした…』

となってしまいます。

『チラシを見た』

という保護者が1人でも多く来れば、
そこから生まれる売上やリピートの売上と、
かかった時間とコストを考えても十分ペイできるはずです。

チラシは自分で配れば無料ですし、反応率が上がるように
いろいろ試して自分の教室にあったものを
作っていくことをオススメします。

それでも、大抵の塾長は面倒だということと
もっと楽に効率のいい集客方法を探したいと
思ってしまうので続かないんですね。。。

ですが、とにかく待っていても塾生さんは来ませんので
自分でできることから進んで行動して行かなければいけません。

以上が僕がアドバイスした2つの秘策になります。
要するに、、、

・コストを掛けなくても、手間さえ掛ければ
 何でもできるということ

・塾生さんの数をコントロールするという考え方を持つこと

が重要ということです。

どうしても出来上がったノウハウを学ぼうと
必死になってしまいますがそのノウハウが生まれるまでの
“考え方を身を持って学ぶ”ことも大事です。

私も、クライアントの塾長さんがチラシ配りをする際は
一度は必ず手伝わせてもらいます。

大抵の塾長は初めてで

やったことがない塾長が多いのも事実ですが、
集客の難しさを身を持って知ると同時に

達成感も感じています。

僕の友人と同じ様な境遇の塾長はぜひ、
自分でできることは何でもやるという考えの元
この秘策を試して頂ければと思います。

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ