スポンサードリンク
スポンサードリンク

マーケティング

【悪用厳禁】偽物を本物に錯覚させる方法

スポンサードリンク

こんにちは

好きな時に、好きな場所で、好きな仕事をする

塾長を創る。

価値組塾長創出プロデューサー吉田寛章です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は

【偽物を本物に錯覚させる方法】

という内容をお伝えします。

使い方次第ではに。

倫理観が欠如すればとなる
内容ですので、ご利用の際は
倫理観を持って臨んで下さい。

以前、このブログで、

授業方法だけじゃなく、
トークやコミュニケーションも型を守れ!

という内容を記しました。

この記事です。

最速最短で塾を繁盛させる秘訣

その記事では「話の重み」
について触れました。

やはり、その道何十年であったり、
改善に改善を重ね、何かを突き詰めた
人の話には重みがあり、

聴いている人の心を打ちます。

(心を打たれるということは、
その人への憧れや共感、
信頼感など、ポジティブな感情を
抱きやすくなります)

では、人の心を打つ話をするには
何年もの歳月が必要なのか?

といえば、
実はそうではありません。

私の師匠も言っていましたが、
今の世の中は、

「偽物」が「本物」のように
見せることが出来てしまう時代です。

どういうことかと言いますと、

例えば、動画です。

私たちはテレビを見て育ちましたから、

「テレビに出ている人=すごい人」

と、殆どの人は、
安易に考えるようになっています。

ブラウン管(今はプラズマか液晶)を通して見ると、
どんな人でもスターに見えてしまう…

(私も今でこそ東京によく通って
10年近いので街で芸能人を見ても、

「凄い!」

と興奮することはなくなりましたが、
上京したての頃は、芸能人を見掛けただけで
有頂天になっていました)

動画は実際にはテレビじゃないですが、
これに近い効果は確実にあります。

今はスマホや携帯電話で映像を撮って、
簡単にネット上にアップロード
できる時代です。

そこで、これを悪用しているのが
詐欺まがいの内容をガンガン開催している
ニセモノセミナー講師達です。

 

 

 

 

 

 

 

実際に自分は成功してもいないのに、
本を読んで、それをただ右から左に流しているような
セミナー講師なんかが多いのは事実です。
または、ちょっとセミナーに参加して
資格を取得してプロと名乗る人たちですね。

 

本物から学ぶのは素晴しいことですが、
ニセモノから学ぶと下手をすれば、
塾長の可能性を狭めてしまうことに
なりますので気を付けて下さい。

本物を見極めるポイントは、
その方の実績、事実・実例です。

もし、対面で自称凄い人に会った時は

「あなたはどんな実績があるんですか?」

「具体的にどのくらいの人を
成功させたんですか?」

など、聴いてみて下さい。

目線が上に行ったり、回答が曖昧だったら
その人はニセモノの
可能性が高いのでお気を付け下さい。

中身が無いにも関わらず、
高額なセミナー費用と貴重な時間を
奪われてしまう可能性が高いです。

 

 

 

 

 

見方を変えると、

「動画」

を塾長のホームページにアップし、
それを生徒に見て貰うように
することができれば、

強烈な集客ツールや
単価アップなどに繋げることが
できると言うことです。

動画に近いもので社会的信用のある媒体を使えば
錯覚させることができます。

 

 

ただし、悪用は厳禁です!

 

生徒を増やすための集客マニュアルやチラシ集のご案内はこちらから

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ