スポンサードリンク
スポンサードリンク

たった1人の理想のお客様

満足度を下げる繁盛方法

スポンサードリンク

こんにちは

好きな時に、好きな場所で、好きな仕事をする

塾長を創る。

価値組塾長創出プロデューサー吉田寛章です。

 

 

 

 

 

 

本日は、顧客満足度を下げて
他の学習塾と差別化するということお伝えします。

満足度を上げていくことで
繁盛するという考えとは逆ですが、
これは差別化戦略の1つとして使える方法です。

いつもブログでは塾生は
授業だけではなく全体的な満足度で
入会したり紹介したりすると解説しています。

それはそれでとてもいい事です。

すべての塾生に満足を提供できれば
繁盛することができるのは間違いないです。

ただ、これは小さな学習塾では不可能に近いです。

すべての条件をそろえるためには

・よい立地

・よい授業

・よいコミュニケーション

・綺麗な教室

などの条件をそろえる必要があります。

人は欲求が強い生きものです。

できれば、近くて綺麗で新しい学習塾で
感じがよくて腕もよくて
できればイケメンの先生に
授業をしてほしいと願っています。

これは欲求なので仕方がないです。

しかし、規模が小さい学習塾や
オープンしたばかりの学習塾では
これら全て実現するのは難しいのが現状です。

どちらかというとこういった
すべての人に満足を提供するのは
ある程度大手や、すでに経営資源を持っている
学習塾や会社が行う戦略です。

できるだけ多くの人に気に入られる
サービスをできるだけ安く提供すること。

飲食で言うとマクドナルドや
ファミレスなどの大手フランチャイズが
取っている戦略になります。

学習塾や他のスクールビジネスなどでも
フランチャイズ展開しているグループや
大手ではこういった路線を使います。

 

 

 

 

 

 

よい立地を押さえて、スタッフをたくさん雇用し
マニュアルによって均一化された
そこそこの授業とサービスを提供します。

当然フランチャイズ化するくらいですから
そこそこ以上は反応して利益を出してきます。

現状こういった学習塾やスクールビジネス、類似サービスが
増えているから古くから営む個人学習塾などの
経営が徐々に圧迫されているのです。

 

だから、個人の小さな学習塾などが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この戦略をとって満足度を上げようとすると
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
差別化できずに埋没してしまうことがあります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

資金力やスタッフ力、マニュアル化していない状態で
すべての満足を満たすことは難しいです。

もちろん、見習うべき部分はありますので
必要ないという事ではありません。

資金力がない、経験もない、雇用もできないならば
なにかで尖がる必要があります。

経営用語でエッジを立てるとか言いますね。

別の言葉で言うと切り捨て戦略です。
初めから全体満足を求めていかないということです。

 

 

 

 

 

 

 

自分の学習塾はこういう塾生だけ満足してくれたら良い」

「該当しない塾生は申し訳ないけど他に行ってもらう」

こういう気持ちでいくことが重要になります。

例えば、

あえて電話にでないで授業に集中する。

週に3日しか空いていない学習塾にする。

1日3人しか対応しない学習塾にする。

特定の教科以外は対応しない学習塾にする。

塾生をガンガン叱る学習塾にする。

あえて古いボロイ民家で隠れ家的な学習塾にする。

超高額の塾生しか扱わない学習塾にする。

提案する学習方法を実践しない塾生に
罰金と出入り禁止を宣言する学習塾にする。

などなど、、、上記はすべて他の業界で
成功しているものを学習塾に当てはめたものです。

もっと考えたらいろんな切り捨て方法は
あると思います。

大事なことは切り捨てる事。
すべての塾生に好かれようとしない事。

 

 

 

 

 

 

 

自分の決めた塾生以外を切ることで
逆に自分の塾生にはより一層好かれる
という事態になります。

既存塾生の満足度は高まり、
尖がる(エッジが立つ)ことで
圧倒的に目立つことができます。

目立つことができれば
顧客の記憶に残ることができ
紹介や口コミも生まれやすくなります。

メディアからの注目も集まりやすくなります。

集客や経営で大事なことは
顧客(塾生・保護者)の記憶に残り
注目を集めることです。

その他大勢と一緒にならないことです。

駅前やよい立地を抑えられる大手や
強者と同じ土俵で戦わないことです。

同じ土俵で戦うことになれば
総合満足度で負けることになり
記憶にも残らず埋没して選ばれません。

だから、小さな学習塾・スクールビジネスは
総合満足度で戦わずにより小さなニーズに絞り
それ以外は切り捨てることです。

当然、中にはあなたの学習塾を
嫌いになる人もでるでしょう。

満足度が下がり塾生が退塾したり
一般的な集客は少なくなる傾向があります。

でも、一部のニーズには猛烈に支持されるのです。
そして、圧倒的に目立ちやがて成功するのです。

その他大勢ではないオンリーワンの
ポジションを目指すのです。

これは勇気がいることですが
やってみると意外とうまくいくケースが多いです。

もし自分の学習塾・スクールビジネスがその他大勢に分類されるならば
切り捨てる部分はないか、ニッチニーズに特化できないか
考えてみてください。

そこに繁盛する秘訣が隠されているかもしれません。

PS

もし、あなたが、

・無駄な集客コストをかけたくない

・パソコンが苦手でHPを使わない集客方法を探している

・地域に溶けこんで人間関係でもっと繁盛したい

上記に1つでもあてはまるのであれば、
この集客方法がおすすめです。

これはパソコンが苦手な先生にこそ
知っていただきたい手堅い集客方法です。

まずはこちらをチェックしてみてください。

↓↓↓
生徒を増やすための集客マニュアルやチラシ集のご案内はこちらから

スポンサードリンク

こちらの記事もおすすめ
no image マーケティング

成績の上がる学習塾を教えてください

2019年3月6日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
「突然ですが、東京の新宿で 子どものやる気を引き出して 成績の上がる塾を教えてください」 と私がいったらどうやって 成績を上げてくれる 塾の塾長を探しますか? 多く …
no image マーケティング

学習塾の売上げを90日で安定させる方法

2019年1月26日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
こんにちは 好きな時に、好きな場所で、好きな仕事をする 塾長を創る。 価値組塾長創出プロデューサー吉田寛章です。 学習塾の売上げを90日で安定させる方法 お礼 …
no image マーケティング

絶対に失敗しないチラシ戦略

2019年2月23日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
本日はチラシについてお話しします。 あなたの自宅のポストに もたくさんチラシが入っていますよね? そのほとんどを良く読まずに 捨てていませんか? 同じようにあなた …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ