スポンサードリンク
スポンサードリンク

マーケティング

成功の『型』その1

スポンサードリンク

塾長は空手とかボクシングなど習ったことありますか?
スポーツなら何でも『型』というものがありますよね。

学習塾の集客や経営術にも型があるので
本日と明日はここを重点的に解説していきますね。

指導技術にも成功の型があるように
学習塾経営にも型があるのです。

この業界の慣わしとして

『指導技術がよければそれで繁盛する』

という通念があります。

入社した塾の研修でも、先輩や師匠からもそう教わった塾長は多いはず。

そして、実際に指導技術だけで
繁盛しているように”みえる”塾長も
少ないですがちらほらいらっしゃいます。

そういった素晴らしい指導家さんに
憧れるのはとてもよくわかります。

ただ、そういった塾長もよくよく見ると

指導家としての自信にあふれていたり、

コミュニケーション力が高かったり、

長年の歴史からそうなっていたり、

指導技術だけではないということが見えてくる場合があります。

ですから、吉田の主張としては
技術だけじゃ効率的に繁盛しない。

指導技術と集客・経営は両輪であって
両方伸ばしていかなければならないと主張しています。

保護者・生徒がまったく来ていないのに
指導技術をひとりで永遠に磨いても何も意味がありません。

それほど指導技術に自信があるのに
保護者・生徒が少ないことに
まず疑問を持つべきだと思います。

逆に、粗悪な指導(サービス)を提供しながら
集客を続けても保護者・生徒はだんだんいなくなります。

集客の型が崩れたらすぐに潰れてしまいます。

それでも、まず先に集客や経営術を
学んだほうが経営としては安定していくので
まず集客をしっかり行うことを意識してみてください。

塾長は指導技術を習ったときに
ある程度基本を型に沿って教わりましたよね。

基本の型通りにまず覚えて
実際にやってみて、失敗して、修正して
そして体得してこられたと思います。

守・破・離

といいますが、まず忠実に守る、

そして、少しづつ基本を破る、

そして、独自のものへ離れていく

この流れですね。

同じく集客や経営にも型があります。

成功の”型”ともいいます。

以前、最強学習塾協会というところで
DVDを配布していましたがその通りの型です。

長くなったので
続きは明日。

おしまい。
webマーケティングを学ぶなら『ジッセン! オンライン』

こちらもチェックしてみてください。↓↓↓
生徒を増やすための集客マニュアルやチラシ集のご案内はこちらから

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ