スポンサードリンク
スポンサードリンク

マーケティング

成功の『型』その2

スポンサードリンク

成功の”型”の続きです。

1、集客の部分では自分にあった集客の型を見つける

立地・規模・その時の経済的余裕によっても違います。

・ホームページ

・通りがかり

・口コミ

・チラシ

・地域・クーポン誌

・ジョイントベンチャー

などなどバランスそれぞれです。

必ず自分の塾や教室にあう方法がありますので
試行錯誤して検証しながら、自分の安定した型をつくります。

うるとら

 

 

 

 

 

 

2、塾内での保護者・生徒との接触

・電話対応

・外見

・内装

・ファーストインプレッション

・指導

・説明

・コミュニケーション

・お会計

・次回予約

・塾内環境

など様々です。

それぞれ自分の型を探します。

指導方針や塾長の思いなどで
かなり変わってくる部分です。

学習塾経営は掛け算の要素が強いので
どれか1つが著しく劣ると
保護者・生徒が二度と来なくなってしまいます。

コンサルをしているとこの型が大きく崩れている
学習塾さんがとても多いことに気が付きます。

やはり、そういった塾長と話していると
技術に傾倒しすぎている節があります。

要注意です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、帰宅後のフォローアップ

ここはほとんどの学習塾さんが
取り入れていない部分です。

だから店舗ビジネスではこのフォローアップを
しっかり行うだけで差がつくことが多くあります。

サンキューレター

ニュースレター

季節のあいさつや提案

をメールやDM、電話などで
行うのが一般的です。

特に手書きのサンキュレーターは効果が高いので
すぐにでも導入すべきです。

顧客分析が生きてくる部分でもあります。

大手などはここが良くできています。

データベースを作り、
どんなお客さんがきても、
メールやDMで関係性を築いています。

顧客管理ソフトというものです。

 

 

 

 

 

 

こういった成功の型の中にそれぞれの手段があり、
また成功の型があります。

塾長が試行錯誤しながら指導技術を学んでいるように
集客・成功の型も試行錯誤してみてください。

指導技術 と 集客・経営技術は両輪です。

それぞれのステージに合わせて
バランスが重要になってきます。

指導技術を極める道は果てしなく長いと思います。

しかし、集客の型は3ヶ月で身に付きます。
答えが出ているからです。

あとはご自身で自分に合うものを
選んでそれぞれを練習・改善していくだけなんですね。

集客や経営にはいまいち興味がもてないのはわかりますが
こちらの成功の型を身につけると結果的に指導技術研鑽への道も加速します。

是非、是非、自分の型を見つけてください。

おしまい。

webマーケティングを学ぶなら『ジッセン! オンライン』

こちらもチェックしてみてください。↓↓↓
生徒を増やすための集客マニュアルやチラシ集のご案内はこちらから

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ