スポンサードリンク
スポンサードリンク

価値の創り方ノウハウ

“サザエさん一家とサブちゃんの関係”に学ぶ学習塾経営その2

スポンサードリンク

日の続きです。
昨日は

個人を出すとはどういうことなのか…?

というところで終わってしまいました。

今日の記事を読む前に
必ず昨日の記事を読んでからこの記事を読んでください。

昨日の記事はこちら
“サザエさん一家とサブちゃんの関係”に学ぶ学習塾経営その1

個人を出すとは何か?
一言で言うと

それは・・・個人にまつわるもの、

自己開示をいち早くやってしまうと言うこと。
自分の情報を保護者より先に開示していくことです。

 

人間は、良く知らない人に対しては警戒し、
不安を抱き、なかなか好きにはなりません。

かと言って、保護者からいきなり自分の事を
話してくるかと言うと・・・

ほとんどありませんよね。

ですから、先に自分の情報を提供して

後から保護者に
情報を教えてもらうのです。

自分の性格、指導に対する思い、家族構成など・・・
どんどん自分という人間を伝えていきます。

もう少し具体的に見ていくと

【思い・夢】
指導に対する思い
なぜ塾講師になろうと思ったのか
塾講師としてのやりがい
将来こうなりたい、
こういう夢をもっている
こんな子どもを育てていきたい

【性格】
温厚
神経質
人見知り

【趣味】
サッカーをやっている
西武ライオンズファンだ
昔全国大会にいったことがある
イタリア料理が得意

【生活】
普段こんな生活しています
こんなお家に住んでいます
休みの日はこんな店によくいきます

【家族】
お嫁さん候補募集中
子どもが生まれました
うちの家族はこんな構成です

 

【パーソナル情報】
大学受験に失敗しました
中学高校時代の成績はこうでした
私の中学時代の通知表を公開します

などなど上げていくとキリがありません。


こういった個人の情報を
小冊子や塾内ポップ、

ご案内ブック、ニュースレターなどでどんどん伝えていきます。

最後にもう一度、復習ですが、
なぜ、学習塾で指導ではなく

塾長や講師スタッフの

個人を出す必要があるのかというと

人は好きな人、
信頼できる人、
共感できる人から

物を購入し、サービスを買うからです

塾長の学習塾の保護者の中でも、
ファンになってずーっとお子さんを、
それこそ3人兄弟なら3人ともなど

通わせてくれている保護者って
決して指導技術だけが

気に入って来ていませんよね。

塾長やスタッフの人柄、

学習塾の中で働く「個人」を
気に入って来ていると思います。

逆にいうといくら指導技術が良くても
人柄が好きになれない塾長のところには

行きたくありません。

指導技術や授業の説明をする事は

もちろん重要ですが、
人として好きになってもらい

信頼・共感を得る事が
繁盛する近道ですし、

それだけでも選ばれる理由になります。

関係性が選ばれる理由になるように

塾長の情報をもっと保護者に
伝えてみて頂ければと思います。

PS

ただ”マネするだけ”でチラシ集客に
成功する方法について詳しく公開しています。

実際に正しいチラシ戦略を知った塾長の
生の声もご覧下さい。

反応率の高いチラシが
サクサク作れます。
↓↓↓
生徒を増やすための集客マニュアルやチラシ集

 

おしまい。

webマーケティングを学ぶなら『ジッセン! オンライン』

こちらもチェックしてみてください。↓↓↓
生徒を増やすための集客マニュアルやチラシ集のご案内はこちらから

 

スポンサードリンク

こちらの記事もおすすめ
no image 価値の創り方ノウハウ

休日は働きたいですか?

2019年3月16日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
保護者から選ばれる塾長になれ ! 価値組塾長創出プロデューサー 吉田寛章です。 私のメンターからの学び 好きなことは休日でもしたくなる 以前、私のメンターが教え …
価値の創り方ノウハウ

新人講師でもマネできる仕組みで月商200万超を実現する方法

2019年8月9日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
新人講師でもマネできる仕組みで月商200万超を実現する方法 こんにちは。 選ばれる塾長になるためチームコンサル The価値組主宰、吉田 …
no image たった1人の理想のお客様

“あること”を変えるだけで売上UP

2019年2月20日
選ばれる塾長になるためのコンサルティングマガジン
本日は、“あること”を変えるだけで 売上がアップする方法をお伝えします。 この方法はあらゆる業種で 成果実証済みの方法です。 なので、当然、学習塾にも 当てはまる …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ